みことば

神さま
今日もみことばをください
一つだけで結構です
私の心は小さいから 沢山いただいても
溢れてしまい もったいないので

God, give me just one word for today.
---Genzou Mizuno

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

El Shaddai

「エル・シャダイ」とはヘブライ語で「全能の神」という意味です。
英語では「God Almighty」または、「The All-Sufficient One」と訳されています。
All-Sufficientとは「これさえあれば十分、他には何もいらない」という意味です。
全能の主よ、あなただけで十分です。足りないものは何もありません。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

Happy New Year

50周年ロゴ
ブログをお読みのみなさまへ
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年の年間聖句は「主の栄光があなたの上に現れる」(イザヤ60の2)です。みなさまの上にも主の栄光(すばらしさ)が豊かに現される一年でありますように。「我は全能の神なり」と宣言される主の御名で祝福をお祈りいたします。

名古屋教会もおかげさまで、今年 創立50周年を迎えます。主の愛と導き、そして聖徒たちの祈りと献身によって、半世紀もの間、教会が保たれて来たことを思い、胸を熱くしています。この年、神様がどんなに素晴らしいことをしてくださるのでしょう。ぜひ、あなたもその目撃者となってください。教会の扉があなたのために今日も開いています。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

再出発

元旦礼拝の後で
2006年元旦礼拝
メッセージ 「再出発」
アブラハムの旅シリーズ(1)
聖書 創世記12の1〜4

アブラムは75歳での再出発でした。遅すぎるということはありません。あなたを呼ぶ声があります。アブラムと共に信仰の旅を始めましょう。


comments(2)  |  trackbacks(0)

edit  top

あの高い所に着くように急ごう


あの高い所に着くように急ごう。
あそこには福音の真の古巣がある。
あの山の上では空気はもっと澄んでいるし
人々はもっと神に近くいる。
---真の智に至るまで

聖なる山に住む。(詩編15の1)
この一年の主の恵みに感謝します。
明日は元旦礼拝 10時30分より

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

クリスマスの祈り(12)


君のために愛を祈ろう。心の底から湧き出る愛を。
くらしの中で行き交う人にいつも愛を与えることができるように。---クリスマスの12日目に

祈りの言葉を書くたびに不思議なことが起こった。
祈りは友のためにささげられたが、男の心にもしっかり刻まれた。すると、祈ったとおりのことが、男の人生に実を結ぶようになった。……こうして、ようやくクリスマスの祈りは、あなたの手もとにたどり着いた。クリスマスの祈りを豊かに味わい、あなたの心も暖かくなりますように。

*クリスマスとは教会暦の“降誕節”のこと。12月25日から1月5日までの12日間をさす。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

クリスマスの祈り(11)

君のために望みを祈ろう。心にあふれる豊かな望みを。
望みは心のあり方を定め、進むべきめあてとなり、生きる理想をつくり出す。
---クリスマスの11日目に

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

クリスマスの祈り(10)

君のために信仰を祈ろう。ゆるがぬ確かな信仰を。
信仰は人としての生き方と生きる目的をかたちづくり、人を神に近づける。
---クリスマスの10日目に

正しい人はその信仰によって生きる。旧約聖書ハバクク書2の4


comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

新年のスタートは教会で!


新年のスタートは家族そろって教会で!
元旦礼拝は1月1日(日)朝10:30から。
名古屋教会もお陰様で創立50周年を迎えます。神の恵みを覚えつつ、全能の神を見上げて、希望にあふれた新しいステージに踏み出したいと願っています。ぜひご一緒しましょう。


主は彼を外に連れ出して言われた、「天を仰いで、星を数えることができるなら、数えてみるがよい。……あなたの子孫はこのようになる。」(創世記15の5)

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

クリスマスの祈り(9)


君のために働く喜びを祈ろう。
夢を実現するために進んで働く喜びを。その夢が君のものでも、君の助けるだれかのものでも代わりはない。---クリスマスの9日目に

じょうずな仕事をする人を見たことがあるか。
その人は王の前に立つ。(箴言22の29)

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me