最後の1パーセントに


それは驚きというよりも、まさに畏れであった。
だれもが不可能だと思い、もう無理だとあきらめかけた時、
最後の1パーセントに働かれる神さまがおられる。
それは、人間の持つ傲慢さやかしこぶった知恵をはるかに凌駕し、
神さまの栄光を見せてくださる。
最後の1パーセントに働かれる神さまを信じること、
そこに信仰がある。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

Waiting of God ! (3)

立ち止まれ。
そして、神がお前のために勝利を収められるのを見よ。
お前の神は黙々と、だが何ものにもとどめられることなく、
不可能なわざを成し遂げられる。
おお、それゆえこれから後は
自分に何ができるかと問うのをやめよ。
お前にできることは何もないからだ。
しかし主は、
人の力の及ばぬところ、お前の精一杯の努力が徒労に終わったところで
そのみわざをなして下さる。
それゆえ、わが魂よ
静かに待ち望め。
お前の神が、お前のために
その全き御旨を成就してくださるからだ。
お前が、主から受け取ろうとしさえすれば、
主の最も良きものが、
今から後、永遠にお前のものだ。
---フリーダ・ハンブリー

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

目を上げて

メッセージ 「目を上げて」
アブラハムの旅シリーズ(3)
創世記13の14〜18

さあ、目を上げて、あなたがいる場所から東西南北を見渡しなさい。
わたしはそれをあなたに与えるから。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

Waiting of God ! (2)

神の御前に静まれ。
そうすればおまえは、
御自身を待ち望む者に与えられる、
穏やかで清らかな安らぎを
味わうことになるだろう。
するとお前は、夜の闇が最も濃い時にも
主の御臨在といのち、光を見に帯、
この地上におけるお前の生涯は、
主の御愛を現し、
主の栄光を高らかに賛美するだろう。

そしてお前を通して、主は、
何ものにも束縛されない自由な御手をもって
高貴で聖なる目的を果たされるだろう。
だが、その力強い御手は、
まず初めにお前に向けられ、
お前の汚れが
愛の強力な火で焼き尽くされなければならない。
火をくぐり抜けたお前は
主の器となって出て来るだろう。
もろい、空っぽの器として。
だが、主はそのお前のむなしさの中に
御自身のいのちと御愛を注がれるゆえに、
その時から神の力は、お前を通して働き、
主が、お前のためにみわざをなして下さるのだ。
---フリーダ・ハンブリー

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

恵みの呼吸


神さま
どんな不幸を吸っても
はく息は感謝でありますように
すべては恵みの呼吸ですから
---河野 進

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

大きな木を育てる

キリストにおいて、この建物全体は組み合わされて成長し、
主における聖なる神殿となります。
---エフェソの信徒への手紙 2の21

今日は月に一度の教会学校(CS)のために祈る祈祷会でした。
教会でのCSは日曜の朝9時、土曜の朝10時30分より
野外でのCSは弥富、中根、南部の各公園にて。
詳しい時間や場所はお問い合わせください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

Waiting of God ! (1)

ただ神を待ち望め
わがたましいよ、静まれ。
そして、お前の神の全き御旨を見させていただくのだ。
この一年の間ずっと、喜びつつ主に従え。
喜びをもって心の耳を主に傾け、その御声を聞け。
神のご支配のままに、常に御霊に導かれ
喜んで主の楽しき御用に当たる、従順な器となれ。
そして、静まっていよう。
お前がそうすることによって初めて主は、
その御心の願うところを、
お前のうちに実現することがおできになるからだ。
おお、ご計画通りに器を作られるその御手を、
妨げることなどないように。
神の御前に静まれ。
---フリーダ・ハンブリー

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

きっとできる


自分が成功するイメージを持ち、それが消えないように心に強く刻み付けなさい。それを曇らせてはならない。
どんな悪いことが起こっても、常に成功を描きなさい。
---ノーマン・V・ピール

わたしを強めてくださる方のお陰で、わたしにはすべてが可能です。---フィリピの信徒への手紙4の13

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

自己からの解放


主よ、私は信じきっていました 私の心が愛にみなぎっていると。
でも、胸に手を当ててみて 本音に気づかされました。
私が愛していたのは他人ではなく 
他人の中に自分を愛していた事実に。
主よ、私が自分自身から 解放されますように。

主よ、私は思いこんでいました 私は与えるべきことは 何でも与えていたと。
でも、胸に手を当ててみて 真実が分かったのです。
私のほうこそ与えられていたのだと。
主よ、私が自分自身から 解放されますように。

主よ、私は信じきっていました 自分が貧しい者であることを。
でも、胸に手を当ててみて 本音に気づかされました。
実は思いあがりとねたみとの心に 私がふくれあがっていたことを。
主よ、私が自分自身から 解放されますように。

主よ、お願いいたします。
私の中で天の国と この世の国々とが まぜこぜになってしまうとき
あなたの中にのみ 真の幸福と力添えとを 見いだしますように。
---Mother Teresa

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

主の栄光が現れる

聖歌隊さんび
a.m.
メッセージ 「主の栄光が現れる」
聖書 イザヤ60の1〜2、ヨハネ11の40
p.m.
メッセージ 「主の栄光・内にいますキリスト」
聖書 コロサイ1の27

この秘められた奥義が異邦人にとってどれほど栄光に満ちたものであるかを、神は彼らに知らせようとされました。その奥義とは、あなたがたの内におられるキリスト、栄光の希望です。
---コロサイ1の27

中部エリア4教会合同の新年聖会が井伊英夫牧師(沼津エペソ教会)を迎えてもたれました。
古希を迎える牧師の存在と経験に裏打ちされた神の言葉が力強く心に響きました。
主の栄光、内にいますキリスト! 栄光在主!

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me