何の罪も見いだせない



ローマ総督ピラトは、イエスの尋問を終え、官邸の中庭で待つユダヤ人の指導者たちの前に立ちました。ピラトはすでにユダヤ人たちが妬みのためにイエスを訴え出ていることを理解していましたが、それ以上に、イエスとの対話を通して、イエスには罪がないことを悟りました。ピラトはユダヤ人に言います。「わたしはあの男に何の罪も見いだせない」と。この後、ピラトはこのフレーズもくり返し、イエスを解放する道を探りましす。
ルカによる福音書の情報によれば、「わたしはあの男に何の罪も見いだせない」とピラトが発言したことにより、ユダヤ人の指導者たちが騒ぎ立ち、「この男は、ガリラヤから始めてこの都に至るまで、ユダヤ全土で教えながら、民衆を扇動しているのです」と言うのを聞いて、ピラトがイエスの身柄をガリラヤの領主であるヘロデのもとに移し、彼にイエスを裁かせようとしたことが記されています。彼も過越祭の期間、エルサレムに来ていたからです。
ヘロデの尋問については、今回は割愛しますが、ヘロデもイエスに罪を認めることができないまま、派手な衣を着せてピラトに送り返してきました。ここからイエスの死が確定する、政治裁判の最後の段階に入ります。まだ早朝でしたが、おそらくこの頃には、エルサレムの町中にイエスが捕らえられたというニュースが流れ、多くのユダヤ人が神殿の隣にある総督官邸に集まり始めていたと思われます。ピラトは、イエスが無実であり、その訴えも政治的な案件には当たらないと判断し、民衆に一つの提案をしました。「ところで、過越祭にはだれか一人をあなたたちに釈放するのが慣例になっている。あのユダヤ人の王を釈放してほしいか」と。
当時、過越祭の期間に、民衆が願い出る囚人に恩赦を与えるという習慣がありました。ピラトはそれを利用してイエスを解放しようと考えたのです。ところが、ピラトの思惑に反し、祭司長たちに扇動された民衆は、「その男ではない。バラバを」と大声で言い返したのです。バラバのことは来週、詳しくお話ししますが、鎖が解かれ、釈放されるバラバと、十字架につけるために引き渡されるイエス。この場面ほど、イエスの身代わりの死を象徴する場面はないのかも知れません。
聖書は教えます。「罪と何のかかわりもない方を、神はわたしたちのために罪となさいました。わたしたちはその方によって神の義を得ることができたのです。」これこそ聖書が教える最も大切な真理なのです。

2019年もあっという間に6ヶ月が過ぎようとしています。さあ、後半戦です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

イエスを愛する教会

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヨハネによる福音書20章から。

21:15 食事が終わると、イエスはシモン・ペトロに、「ヨハネの子シモン、この人たち以上にわたしを愛しているか」と言われた。ペトロが、「はい、主よ、わたしがあなたを愛していることは、あなたがご存じです」と言うと、イエスは、「わたしの小羊を飼いなさい」と言われた。
21:19 このように話してから、ペトロに、「わたしに従いなさい」と言われた。

月曜日から京都で持たれていたCS教師セミナーの恵みから。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

聴くという感覚



日曜日は昨年の6月に天に召された二人の教会員の記念礼拝でした。「真理とは何か」との問いかけに真剣に向き合われた二人の証に大きな恵みをいただきました。Gさんは若い頃、KBS京都のアナウンサーとして活躍された方で、すてきな声の持ち主でした。奥様に先立たれ、8年間、京都で独り暮らしをされた後、最後の2年は娘さんのいる名古屋に来られ、準備万端、奥様の待つ天国に旅立って行かれました。「聖書と私」と題して書かれた手記は読み応えのある素敵な証です。その証の中にこんな言葉が出て来ます。
「聖書は読むとか朗読するとかいうのが普通の表現ですが、私はむしろ聴くという感覚が求められているのではないかと思います。聖書を読む時、ただ声を出すというのではなく、聴き取るという、もう一歩踏み込んだ姿勢が大切なのです。」

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

聖書と私

礼拝メッセージ 「聖書と私」
聖書 ヨハネによる福音書18章37-40節ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(165)

18:37 そこでピラトが、「それでは、やはり王なのか」と言うと、イエスはお答えになった。「わたしが王だとは、あなたが言っていることです。わたしは真理について証しをするために生まれ、そのためにこの世に来た。真理に属する人は皆、わたしの声を聞く。」
18:38 ピラトは言った。「真理とは何か。」
18:38 ピラトは、こう言ってからもう一度、ユダヤ人たちの前に出て来て言った。「わたしはあの男に何の罪も見いだせない。
18:39 ところで、過越祭にはだれか一人をあなたたちに釈放するのが慣例になっている。あのユダヤ人の王を釈放してほしいか。」
18:40 すると、彼らは、「その男ではない。バラバを」と大声で言い返した。バラバは強盗であった。

今日は昨年の6月に天に召された二人の教会員の召天1周年記念の礼拝でした。
お二人が遺してくれた御言葉への信仰と証を大切にしたいと思います。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

伝書鳩



人類で南極点に初めて立ったノルウェーの探検家アムンセン。
まだ通信の手段がない時代、彼は伝書鳩を連れて探検に出かけたそうだ。
探検の果てに、アムンセンはその伝書鳩を放つ。
何日もかけて鳩は妻が待つ自宅に帰って行く。
彼の妻は鳩の帰還をよって、夫の無事と探検の成功を知った。
「夫は生きている。目的地に到達したんだ」と。

鳩が聖霊のシンボルであるのは興味深い。
十字架と復活によって贖いの業を成し遂げ
キリストは父なる神の右に上げられた。
そしてついに聖霊が送られた。
私たちは聖霊の到来によって知る。
「今やイエスは神の右に上げられ、
約束された聖霊を御父から受けて注いでくださった
主は生きておられる」と。

次の日曜日は、昨年の6月に召された二人の教会員の記念礼拝です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

福音の前進

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
フィリピの信徒への手紙1章とテモテの手紙二4章から。

1:9 わたしは、こう祈ります。知る力と見抜く力とを身に着けて、あなたがたの愛がますます豊かになり、
1:10 本当に重要なことを見分けられるように。そして、キリストの日に備えて、清い者、とがめられるところのない者となり、
1:11 イエス・キリストによって与えられる義の実をあふれるほどに受けて、神の栄光と誉れとをたたえることができるように。
1:12 兄弟たち、わたしの身に起こったことが、かえって福音の前進に役立ったと知ってほしい。
1:13 つまり、わたしが監禁されているのはキリストのためであると、兵営全体、その他のすべての人々に知れ渡り、
1:14 主に結ばれた兄弟たちの中で多くの者が、わたしの捕らわれているのを見て確信を得、恐れることなくますます勇敢に、御言葉を語るようになったのです。

テモテの手紙二
4:2 御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。

ペンテコステ聖会後の祈祷会にふさわしいお勧めをいただきました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

毎日がペンテコステ



ペンテコステには教会員が一丸となってその祝福を求めるでしょう。
しかし、キリストの教会にとって、ペンテコステは毎日のものでなければなりません。
毎日がペンテコステでなければなりません。(アンドリュー・マーレー)

朝、礼拝堂に聖会の余韻が残っているのを感じました。
教会は使徒行伝のごとく。「使徒らの歩みを継がせたまえ」と祈りつつ。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

地の果てまで

教区合同ペンテコステ聖会
講師 二宮貴司牧師(パウロ教会)
午前のメッセージ 「地の果てまで」
聖書 使徒言行録1章8節、14節、2章1-4節

1:8 「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」
1:14 彼らは皆、婦人たちやイエスの母マリア、またイエスの兄弟たちと心を合わせて熱心に祈っていた。

2:1 五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、
2:2 突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。
2:3 そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。
2:4 すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。

午後のメッセージ 「わたしの霊をすべての人に注ぐ」
聖書 使徒言行録2章17節、21節、3章6節

2:17 「神は言われる。終わりの時に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。
2:21主の名を呼び求める者は皆、救われる。」

3:6 ペトロは言った。「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」

恵みに満ちあふれた聖会でした。今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

聖霊降臨の広間に



預言者は言います。「春の雨の季節には、主に雨を求めよ」(ゼカリヤ10:1)と。
イスラエルには秋と春と二度の雨期があります。それは雨のシーズンなので、待っていれば雨が降るのですが、預言者は指をくわえて待っていることができませんでした。ひと時もそれを先送りすることなく、今それを求めよと言います。ここで言う雨とは自然界の雨のことではありません。霊的な祝福をもたらす聖霊の大雨です。
二千年前のペンテコステ、主の約束を信じて祈り待ち望んだ弟子たちの上に、先の雨が注がれました。そして今再び雨のシーズンが到来しているのです。「果報は寝て待て」と言っているのは誰でしょう。このタイミングを逃すことがありませんように。この雨のシーズンにこそ、主に恵みの大雨を求めましょう。ほら、もう大雨の音が聞こえます。
ある本にこう書かれていました。「私たちはみな聖霊降臨の広間に戻らなければならない。そこで、へりくだりと信頼の心をもって聖霊の降臨を祈らなければならない。地表を一新しようとする新しい福音宣教者たちの上に、聖霊が再び力強く下ることを祈らなければならない。聖霊降臨は過去の出来事ではなく、教会の歴史のあらゆる時代に、教会の命のうちに続くのです」と。
今日という日が私たちにとって新しいペンテコステとなりますように。

次の日曜日は、徳島から二宮貴司牧師(パウロ教会)をお迎えし、教区合同のペンテコステ聖会です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

終わりの時に、わたしの霊を

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
使徒言行録2章とゼカリヤ書10章から。

2:17 『神は言われる。終わりの時に、
わたしの霊をすべての人に注ぐ。
すると、あなたたちの息子と娘は預言し、
若者は幻を見、老人は夢を見る。

10:1 春の雨の季節には、主に雨を求めよ。
主は稲妻を放ち、彼らに豊かな雨を降らせ
すべての人に野の草を与えられる。

次の日曜日は中部教区合同のペンテコステ聖会、祈りが積まれています。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me