世にあって、世のものではない



大祭司であるイエスは「聖なる父よ、・・・御名によって彼らを守ってください。・・・わたしがお願いするのは、弟子たちを悪い者から守ってくださることです」と、くり返し弟子たちの保護を求めて祈りました。この日まで、イエスは彼らと共におられ、彼らを保護してきましたが、十字架と復活を経て、イエスが父のもとに帰る日が近づいていたからです。
ヨハネによる福音書17章には、「世」という言葉が16回も出て来ます。それは神を認めず、神に抵抗する勢力を指す言葉ですが、世はイエスを憎んだように、弟子たちを憎みます。そこでイエスは世に残して行く弟子たちの保護を求めたのです。ここで、素朴な疑問ですが、それならいっそのこと私たちも信じた瞬間、イエスと共に父のもとに行くことはできないでしょうか。多くの場合、それはできないようです。イエスはこう祈っておられます。「わたしがお願いするのは、彼らを世から取り去ることではなく(彼らには私に代わって、この世で果たさなければならない使命があるので)、悪い者から守ってくださることです。わたしが世に属していないように、彼らも世に属していいないのです。」ここに、世にあって、世のものではない(キリストにあって神のものである)クリスチャンの存在意義を見いだすことができるのです。
クリスチャンが陥りやすい2つの傾向があります。それは「純粋の孤立」と「妥協の埋没」です。前者は、信仰の純粋性を守ろうとする余り、いつのまにか周りから煙たがられて孤立してしまうことであり、後者は、この世と上手く付き合おうと妥協する余り、いつの間にかこの世に埋没してしまうことです。しかし、神の願いは、私たちがこの世から孤立するのでも、埋没するのでもなく、「地の塩」として「世の光」として、ある時は目立たず、ある時は大胆に生きることなのです。

今日は地域の先生方との集まりがありました。
今日から10月、今月も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

御名があがめられていることを

礼拝メッセージ 「御名があがめられていることを(地の塩、世の光)」
聖書 ヨハネによる福音書17章11-16節ほか

17:11 わたしは、もはや世にはいません。彼らは世に残りますが、わたしはみもとに参ります。聖なる父よ、わたしに与えてくださった御名によって彼らを守ってください。わたしたちのように、彼らも一つとなるためです。
17:12 わたしは彼らと一緒にいる間、あなたが与えてくださった御名によって彼らを守りました。わたしが保護したので、滅びの子のほかは、だれも滅びませんでした。聖書が実現するためです。
17:13 しかし、今、わたしはみもとに参ります。世にいる間に、これらのことを語るのは、わたしの喜びが彼らの内に満ちあふれるようになるためです。
17:14 わたしは彼らに御言葉を伝えましたが、世は彼らを憎みました。わたしが世に属していないように、彼らも世に属していないからです。
17:15 わたしがお願いするのは、彼らを世から取り去ることではなく、悪い者から守ってくださることです。
17:16 わたしが世に属していないように、彼らも世に属していないのです。


イザヤ書(新改訳)
12:4 主に感謝せよ。その御名を呼び求めよ。
そのみわざを、もろもろの民の中に知らせよ。
御名があがめられていることを語り告げよ。

今日は台風が接近している中でしたが、みなさん礼拝に集まって来られました。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

keep on speaking



アメリカの宣教師ボブ・ピアスが、上海の宣教団体本部に泊まっていた時のことです。夜中に、同じ部屋に泊まっていた宣教師が、毛布にくるまって、声を殺して泣いているのに気がつきました。訳を尋ねると彼は答えました。
「私と妻はチベット国境で伝道していました。14年目に一人の受洗者が与えられました。21年目の今日は、8人の信者が与えられています。ところが、娘がハンセン氏病となってしまったので、妻と娘を国に帰すことになりました。明日は一人で、チベットに帰らなければなりません。」ピアスは「あなたは21年も国に帰っておられないのですか。すぐ小切手を書きますから、あなたもお帰りなさい」と言いましたが、彼はこう答えたのです。「いいえ先生、私は妻や娘との別れが辛くて泣いているのではありません。実は今、茨の冠をかぶった主イエスが、私の夢に現れて言われたのです。『さあ兄弟、明日は一緒にチベットに帰ろう。私と一緒にチベットに行ってくれるのは、お前だけなのだよ』と。私は我慢が出来なくなり泣いてしまったのです。」ピアスは感動し、ともに手を取って泣きながら、主を賛美し、祈り合ったというのです。
ある夜のこと、主は幻の中でパウロにこう言われました。「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。わたしがあなたと共にいる。・・・この町には、わたしの民が大勢いるからだ」と。「恐れるな」と言われている以上、パウロのうちには恐れがあったということです。事実、その頃のパウロは、アテネでのほろ苦い経験のために、意気消沈し、恐れに取り付かれ、ひどく不安であったと、手紙に記しています。百戦錬磨のパウロにも、言葉を失い、うなだれるような夜があったのです。しかし、主は言われました。「語り続けよ(keep on speaking)、わたしがあなたと共にいる」と。
旧約聖書を開けば、偉大な預言者たちの声が聞こえてきます。彼らは主の言葉を預かって語りました。みんなが弁の立つ人たちだったのではありませんでした。口の重い人も、語るべき言葉を持たない人もいました。その代表がモーセであり、エレミヤです。「私は口が重いのです。・・・私は若く経験がないのです。・・・何も話せません。・・・」と、彼らは断固主張しました。しかし、主はモーセに言われたのです。「わたしがあなたの口と共にあって、あなたが語るべきことを教えよう」と。そこでエレミヤは言いました。「主の言葉がわたしの心のうちで、燃えさかる火のようで、もうしまっておくことができません」と。
主の声が響きます。「この命の言葉を漏れなく、人々に語りなさい。」「わたしがあなたと共にいる。」
もう一度、チャレンジ!祈りと宣教です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

語り続けよ。わたしがあなたと共にいる

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
使徒言行録16章ほか。

使徒言行録
18:9 ある夜のこと、主は幻の中でパウロにこう言われた。「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。
18:10 わたしがあなたと共にいる。・・・この町には、わたしの民が大勢いるからだ。」

テモテの手紙二
4:2 御言葉を宣べ伝えなさい。折りが良くても悪くても励みなさい。

詩編(口語訳)
126:5 涙をもって種まく人は、喜びの歌をもって刈り取る。
126:6 種を携え、涙を流して出て行く者は、束を携え、喜びの声をあげて帰ってくる。

秋期聖会のメッセージから。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

彼らのためにお願いします



昨日の礼拝で秋期聖会のメッセージをシェアしましたが、少しだけヨハネ福音書の17章から、「イエスの祈り」の続きを学びました。9節から、「彼らのためにお願いします。世のためではなく、わたしに与えてくださった人々のためにお願いします。・・・」前回、6節から8節まで学びましたが、そこで語られていたことは、イエスの弟子たちに対する信頼と、彼らの将来に対する確信が言葉の端々に滲み出ているということでした。弟子たちは、この時点でまだ、イエスの御言葉を守ったわけでも、イエスの働きの全貌を理解したわけでも、イエスを神から遣わされた方と100%信じていたわけでもありませんでした。実際に、数時間後には、イエスを置き去りにしていなくなっていく弟子たちです。にも関わらず、イエスは、「彼らは御言葉を守りました。・・・彼は知っています。・・・彼らはそれを受け入れ、・・・本当に知り、・・・信じています」と言われたのです。
9節以下も同じです。イエスは弟子たちが、やがて自分を裏切っていなくなってしまうことを承知のうえで、「彼らのためにお願いします。・・・わたしに与えてくださった人々のためにお願いします」とくり返し嘆願し、11節で「聖なる父よ、わたしに与えてくださった御名によって彼らを守ってください」と祈ってくださったのです。
「御名によって守ってください」とは、御名の中にお守りくださいという意味です。弟子たち一人一人のうちに与えられるイエスの御名、つまり神の現存の中で、彼らを守ってくださいと祈られたのです。これはなんという愛ではないでしょうか。本当に無知で、自分勝手なことばかりして、何の役にも立たない弟子たちを、イエスはとことんまで愛し、信頼されたのです。イエスは弟子たちの情けない、不甲斐ない姿の向こうに、もう一つの事実を見ていたのです。それが10節の後半、「わたしは彼らによって栄光を受けました」との言葉です。イエスは確かに見ていたのです。弟子たちの祈りと宣教によって、福音が全世界に広げられ、神の国の建設が力強く進められていくのを。私たちも同じです。私たちの今ある姿に関わりなく、イエスは今日も「彼らのためにお願いします」と父なる神に対して祈り続けていてくださるのです。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

語り続けよ

礼拝メッセージ 「語り続けよ」
聖書 ヨハネによる福音書17章9-11節ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(139)

17:9 彼らのためにお願いします。世のためではなく、わたしに与えてくださった人々のためにお願いします。彼らはあなたのものだからです。
17:10 わたしのものはすべてあなたのもの、あなたのものはわたしのものです。わたしは彼らによって栄光を受けました。
17:11 わたしは、もはや世にはいません。彼らは世に残りますが、わたしはみもとに参ります。聖なる父よ、わたしに与えてくださった御名によって彼らを守ってください。わたしたちのように、彼らも一つとなるためです。

使徒言行録
18:9 ある夜のこと、主は幻の中でパウロにこう言われた。「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。
18:10 わたしがあなたと共にいる。・・・この町には、わたしの民が大勢いるからだ。」

今日は秋期聖会の恵みをわかちあい、短くヨハネ福音書を学びました。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

仕事



キング牧師が暗殺される半年ほど前に、フィラデルフィアで中学生に話しました。

もしあなたが道路を掃除する仕事に召されたのなら、
ミケランジェロが名画を描いたときのように、
ベートーベンが名曲を作曲したときのように、
シェークスピアがすばらしい詩を書いたときのように、
道路掃除をしなさい。
その仕事があまりにもすばらしいので、
天と地に住むすべての者たちが立ち止まってこう叫ぶようにしなさい。
「自分の仕事を忠実に成し遂げるすばらしい道路掃除夫がここにいる。」

今日も自分に与えられた仕事を誇りを持って、忠実に果たそう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

「新しい歌」と「共に」

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
詩篇96編、イザヤ書66章、黙示録1章から。

96:1 新しい歌を主に向かって歌え。
全地よ、主に向かって歌え。
96:2 主に向かって歌い、御名をたたえよ。
日から日へ、御救いの良い知らせを告げよ。

66:21 わたしは彼らのうちからも祭司とレビ人を立てる、と主は言われる。

1:5 わたしたちを愛し、御自分の血によって罪から解放してくださった方に、
1:6 わたしたちを王として、御自身の父である神に仕える祭司としてくださった方に、栄光と力が世々限りなくありますように、アーメン。

今週は、京都で持たれた秋期聖会の全体の様子をお伝えし、ベースとなる合唱団の報告を2つの言葉を中心にシェアしました。2つの言葉とは「新しい歌」と「共に」です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

恵老の日



敬老の日、おめでとうございます。

敬老の日は、1947年に兵庫県の小さな村で制定された「としよりの日」に由来しているとか。
お年寄りに対する尊敬の気持ちを大切にし、長寿を祝うことは聖書の教えでもあります。
敬うの代わりに恵みと書くと「恵老の日」になります。
老いを敬うのが敬老の日ですが、
生かされていることを感謝し、神の守りと祝福を覚えながら、
老いの恵みを祝うのが「恵老の日」であるという話しを聞き、うなずかされました。
高齢化社会と言われますが、敬老の日も、恵老の日も大切にしたいものです。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

われ神に出会う

礼拝メッセージ 「われ神に出会う」
聖書 ヨハネによる福音書14の6-10ほか

14:6 イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。
14:7 あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。」
14:8 フィリポが「主よ、わたしたちに御父をお示しください。そうすれば満足できます」と言うと、
14:9 イエスは言われた。「フィリポ、こんなに長い間一緒にいるのに、わたしが分かっていないのか。わたしを見た者は、父を見たのだ。なぜ、『わたしたちに御父をお示しください』と言うのか。
14:10 わたしが父の内におり、父がわたしの内におられることを、信じないのか。わたしがあなたがたに言う言葉は、自分から話しているのではない。わたしの内におられる父が、その業を行っておられるのである。

1:18 いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである。

42:2 涸れた谷に鹿が水を求めるように/神よ、わたしの魂はあなたを求める。
42:3 神に、命の神に、わたしの魂は渇く。いつ御前に出て/神の御顔を仰ぐことができるのか。
42:6 なぜうなだれるのか、わたしの魂よ/なぜ呻くのか。神を待ち望め。
わたしはなお、告白しよう/「御顔こそ、わたしの救い」と。

今週も礼拝の恵みに感謝。
京都聖会の恵みにも感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me