メンサ・クリスティ



ペトロが、「漁に行こう」と言うと、他の弟子たちも「一緒に行こう」と言いました。漁師に逆戻りした弟子たちは、子どものようにはしゃぎながら小舟を湖面に浮かべ、意気揚々と湖に漕ぎ出したことでしょう。漁は投網で、夜行われました。しかし、その夜は何の獲物もありません。すると夜明け頃、岸辺にだれかが立っているのが見えました。イエスです。しかし、弟子たちは、それがイエスだとは気がつきません。イエスの声が響きました。「子たちよ、何か食べ物があるか。」彼らは力なく「ありません」と答えるのが精いっぱいでした。再びイエスの声が響きます。「舟の右側に網を打ちなさい。そうすればとれるはずだ。」
右利きの人が舳先(進行方向)に網を打つと舟の左側に網を打つことになります。それが常識でした。今の今まで、舟の右に網を打ったことなどありません。しかし、岸辺からの声に動かされ、その言葉に従って、ペトロは舟の右側に網を打ちました。そう言えば、ペトロが初めてイエスを自分の舟に乗せた時もそうでした。夜通し働いても獲物はなく、朝、空しく網を洗っていたとき、イエスが近づいて来て、舟に乗せてほしいと頼まれたのです。イエスは腰を下ろし、舟の上から岸辺にいる群衆に向かってに神の国について語られました。語り終わると、イエスはシモンに言われたのです。「沖に漕ぎ出して網を降ろし、漁をしなさい」と。シモンは答えます。「先生、私たちは、夜通し苦労しましたが、何もとれませんでした。しかし、お言葉ですから、網を降ろしてみましょう」と。結果は大漁でした。
あの日のことを思い起こしていたペトロの手に、あの日と同じ手ごたえがありました。おびただしい魚の群れが、ペトロの打った網にかかったのです。その光景は、まるでガリラヤ湖が沸騰しているように見えました。ガリラヤ湖の魚たちがイエスの言葉を聞いて、神の栄光を現すために、ペトロが舟の右側に打った網を目指して飛び込んで来たからです。
イエスの愛しておられたあの弟子がペトロに言いました。「主だ!」シモン・ペトロは「主だ」と聞くと、裸同然だったので、上着をまとって湖に飛び込みました。いかにもペトロらしい姿ではありませんか。「主だ」と聞いて、もう何も見えなくなり、イエスだけを見つめて、飛び込んで行けたペトロは何と幸いな男でしょうか。私もペトロのようになりたいです。「主だ」とわかれば、脇目も振らず、後先を考えず、まっしぐらにイエスのもとに飛び込んで行きたいです。
陸に上がってみると、炭火がおこしてあり、その上に魚とパンがありました。ガリラヤ湖畔にあるペトロの首位権の教会は、ペトロが召命を受けたとされる場所に建っている小さなチャペルですが、正面にある「メンサ・クリスティ(キリストのテーブル)」と呼ばれる大きな岩は、イエスが弟子たちのために朝食を用意された場所と伝えられています。「さあ、来て、朝の食事をしなさい。」これは和解の食事です。イエスはパンを取り、それを割いて弟子たちに与え、焼き魚も同じようにしました。それは最後の晩餐の再現のようでした。
イエスは私たちのためにも、朝の食卓を用意し待っておられます。イエスと共に歩む、新しい一日が、新しい人生が、この朝、始まりますように。「さあ、来て、朝の食事をしなさい。」

明後日22日(日)の礼拝は通常どおり行う予定です。午前10時半から、約1時間。
愛知県では新型コロナウイルスの感染者が増えていますので、体調不良の方、高齢の方、持病のある方、不安のある方は無理をせず、自宅でライブ放送を見たり、聖書を開いて御言葉を味わい、礼拝を守ってください。

名古屋教会のホームページが移転しました。
https://seiiesukai.org/nagoyachurch/
ブックマークの変更をお願いします。

また当ブログサイトは担当牧師の転任に伴い、3月中にクローズする予定です。
長い間、ご愛読いただいたみなさまに心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

comments(0)  |  -

edit  top

詩編91編

希望をもって喜んでいる

comments





 
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me