見て、信じた



十字架から三日の朝を迎えました。ヨハネによる福音書は、マグダラのマリアという一人の女性の視点を中心に、その朝の出来事を描いています。彼女のことについては改めて紹介したいと思いますが、彼女は十字架のもとに最後まで立っていた女性たちのリストに名が残されている人物です。その彼女が、アリマタヤのヨセフの墓に葬られたイエスのもとに、まだ暗いうちに、他の婦人たちよりも早く到着しました。彼女は、墓の入口を塞いでいた石が取りのけてあるのを見て、シモン・ペトロと、イエスが愛しておられたもう一人の弟子(ヨハネ)のところへ走って行って、「主が墓から取り去られました。どこに置かれているのか、わかりません」と伝えました。そこでペトロとヨハネも、イエスが葬られた墓へ走って行きます。
ヨハネの方が早く着きました。土地勘があったからでしょうか。若かったからでしょうか。これはある意味でどうでもいい情報ですが、ヨハネはあの朝の出来事を昨日のことのように思い出しながら、リアルに記しているのです。
遅れて着いたペトロが先に墓に入りました。彼は、墓に入り、亜麻布が置いてあるのを見ました。しかし、「イエスの頭を包んでいた覆いは、亜麻布と同じところに置いてなく、離れたところに丸めてあった」と記されています。「亜麻布」とは、白い布を細く裂いた包帯のようなもので、これで死体を巻きました。「頭を包んでいた覆い」は、もっと幅の広い布地で、タオルか風呂敷のようなものであったと思われますが、それで頭を(顔を)覆っていたのです。
ここで「丸めて」と訳されている言葉ですが、ある聖書では「包んだままの形になっていた」と訳しています。これは、顔をくるみ胴体を巻いていたそれぞれの布が、巻いたままの状態で、首の長さだけ離れて、遺体を寝かせていた場所に残されていたという状況です。イエスの体だけがなくなり、包帯はもぬけの殻だったのです。また別の聖書は「折り目正しくたたんであった」と訳しました。これは、着ていたものを脱ぎ捨てるのではなく、亜麻布と覆いがそれぞれの場所に、きれいにたたんで置いてあったという状況です。
ペトロがその状況をまだ理解できないでいる時、先に墓に着いたもう一人の弟子(ヨハネ)も入って来て、「見て、信じた」と書かれています。イエスの体を巻いていた亜麻布が巻いたままの状態で残っていたとしても、きれいにたたんで置いてあったとしても、それは普通ではありません。何かが起こったのです。それを悟ったヨハネは信じたのです。まだすべてが理解できたわけではありませんが、信じたのです。空になった墓も、そこに残された亜麻布も、それはイエスの復活を証ししていました。

次の日曜日は、新年聖会です。豊田、岐阜、志摩の教会と合同の集会になります。

comments(0)  |  -

edit  top

生きるとはキリスト

新しい人生の開花

comments





 
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me