み心なのですか




来年1月の『ぶどう樹』に瞬きの詩人、水野源三さんのことを書きました。今年もクリスマスのシーズンに源三さんの詩を聖歌隊が賛美しています。曲の雰囲気もありますが、歌われている歌詞がすばらしいです。源三さんの詩が醸し出す温もり、静けさ、安らぎ、星を見上げる宇宙大の広がり、そんな詩がどれも瞬きから生まれたとは誰が想像できるでしょう。
源三さんは、長野県坂城町で生まれ、小学4年生の時、集団赤痢からの高熱が続き、脳性麻痺となり、見ること聞くこと以外、何もできなくなりました。瞬きで、わずかに意思を伝えるだけの暗闇に突きおとされた源三さんは、何度も死を願いました。ところが、彼の母に手渡された一冊の聖書が、彼に光をもたらしたのです。母が仕事の合間にめくってくれる聖書を、彼は読み、やがてルーテル・アワーというキリスト教のラジオ番組を通して、信仰に導かれます。あるとき、彼の母うめじさんが、50音図を書いて、彼の瞬きが示す字を拾ってつなげてみると、なんとそれが詩になっていたというのです。
源三さんは詠います。「今きいたこと、見たこと、心に感じたこと、忘れないうちに、消えないうちに、主のうるわしいみわざを、賛美する詩をつくる」と。そんな一瞬の、瞬きの中から生み出された源三さんの詩、祈り、信仰の言葉、メッセージに心を洗われます。
クリスマスの季節に書かれた詩も多く見られますが、その一つを紹介します。「み心なのですか」という短い詩です。「父なる神様、私たちを罪より救うため、ユダヤのベツレヘムに今宵お生まれになった御子イエス様を、十字架にかけるのがみ心なのですか。避けられないのですか。ちがう方法はなかったのですか。」
ヨハネによる福音書を5年かけて、19章まで学んできました。のこり2章は年が明けてから、3月中に終わらせたいと思っていますが、もう少しだけキリストの埋葬に触れておきたいと思います。「アドベントにキリストの埋葬ですか?」と言われそうですが、ベツレヘムからカルバリーまで、そこに示された神の愛を発見したいと思います。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ベツレヘムからカルバリーまで

復活に達したいのです

comments





 

trackbacks

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me