自分たちの突き刺した者を見る



イエスが十字架に付けられたのは過越祭の特別な安息日に入る準備の日でしたが、過越祭の安息日に、十字架に付けられた囚人の遺体を残したままにしておけなかったユダヤ人の指導者たちは、囚人の足を折ってから死体を取り降ろすようにピラトに願い出ました。ピラトがそれを承諾したので、兵士たちは、息の残っていた二人の囚人の足を折りましたが、イエスの足は折りませんでした。しかし、兵士の一人が、足を折る代わりに、槍でイエスのわき腹を突き刺すと、裂かれたイエスの御傷から、血と水とが流れ出たのです。それを証言するヨハネの意図は、それが聖書に書かれていることの成就であったという点にありました。「これらのことが起こったのは、『その骨は一つも砕かれない』という聖書の言葉が実現するためであった。また、聖書の別の所に、『彼らは、自分たちの突き刺した者を見る』とも書いてある。」
「彼らは、自分たちの突き刺した者を見る」という言葉は旧約聖書ゼカリヤ書12章10節の引用ですが、ヨハネは黙示録の1章でも、この言葉に言及しています。「見よ、その方が雲に乗って来られる。すべての人の目が彼を仰ぎ見る。ことに、彼を突き刺した者どもは」と。
ゼカリヤ書12章には、終末におけるイスラエルの霊的回復のプロセスが示されており、終末の預言の中でも最も大切な箇所です。終わりの日に、エルサレム問題が、世界最終戦争の導火線となり、国々がエルサレムを攻撃します。その時、エルサレムを持ち上げようとする者は皆、致命傷を受けると教えられているように、神の特別な介入によって、イスラエルは奇跡的に救われるのです。そして、イスラエルの霊的回復が始まります。12章10節、「わたしはダビデの家とエルサレムの住民に、憐れみと祈りの霊を注ぐ。」真理の御霊である聖霊が注がれる時、何が起こるのでしょう。「彼らは、彼ら自らが刺し貫いた者である私を見つめ、独り子を失ったように嘆き、初子の死を悲しむように悲しむ。」十字架の前夜、イエスが語っておられたように、聖霊は、罪について、義について、裁きについて、世の誤りを明らかにし、彼らを十字架に付けられたキリストのもとに導くのです。かくして、ゼカリヤの預言は13章に続くのです。「その日、ダビデの家とエルサレムの住民のために、罪と汚れを清める一つの泉が開かれる。」裂かれたイエスの御傷は、罪と汚れを清める一つの泉となりました。

聖イエス会では11月23日を健康感謝の日と定め、神の恵みに感謝します。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

キリストの内にいる者と

王の王の葬り

comments





 

trackbacks

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me