白鳥の歌



昨日の中日春秋から。
白鳥は死の間際に最も美しい声で鳴く。西洋で古代から語り継がれる「白鳥の歌」の伝説である。辞世や絶筆、生前最後の言葉の例えとして、文芸などの世界で使われてきた。論語の中にも似た一節がある。「鳥のまさに死なんとする、その鳴くや哀し。ひとのまさに死なんとする、その言や善し」。死に臨んだときに口にする言葉は、純粋で真実に満ちている。
この後、台風19号で犠牲になられた方の話題が続きます。私たちはヨハネによる福音書から十字架の言葉を学んでいますが、キリストが死に臨んだときに口にされた、純粋で真実に満ちた言葉。それもまた「白鳥の歌」なのです。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

成し遂げられた

謙遜、従順、献身

comments





 

trackbacks

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me