渇きは終わった



イエスは、人類が自らの罪の罰として当然受けなければならなかった裁きを、代わりに十字架の上でお受けになりました。イエスが十字架上で経験された苦しみは、肉体の苦しみ以上に、また人々から受ける辱め以上に、人間の罪がもたらす悲惨な現実としての裁きである父なる神との断絶でした。それはあのぶどうの木の譬えにあるように、枝が樹から切り離され、いのちの源を断たれて枯れ木となるという、霊的な死、霊的な渇きでもありました。神との断絶を経験し、まさに地獄において味わわれた渇きだったのです。
ルカによる福音書16章に出てくる「金持ちとラザロ」の譬えを覚えていますか。生前、毎日贅沢に暮らしていた金持ちと、彼の家の門前でおこぼれを恵んでもらっていたラザロ、この二人が死にました。ラザロはアブラハムの懐(天国)に移され、金持ちは陰府(死者の世界)でさいなまれていました。両者の間には深い淵があって行き来できません。金持ちは、ラザロがアブラハムの懐にいるのを見て願います。「ラザロの指先を水に浸し、わたしの舌を冷やさせてください。わたしはこの炎の中で悶え苦しんでいます。」イエスが味わわれたのは、この渇きです。
私たちは、罪がもたらす悲惨についてそれほどの自覚はありません。神から永遠に引き離され、見捨てられるということがどれほど恐ろしいことであり、どれほどの渇きを私たちに与えるものであるかがわかっていません。実際、それは終わりの日まで保留されていて、誰もそれを味わっていませんが、イエスはそれを先取りして味わわれたのです。
この第4、第5の言葉に続く、十字架上の第6の言葉は「成し遂げられた(完了した。終わった)」です。それは、この誰もが経験しなければならない「渇き」が終わったという意味です。イエスが十字架の上で渇き、呪われた者となってくださったので、その渇きは、呪いはすでに終わったのです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

仮庵祭とキリスト

成し遂げられた

comments





 

trackbacks

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me