燃えるたいまつ

礼拝メッセージ 「燃えるたいまつ」
聖書 イザヤ書62章1節、ヘブル人への手紙12章1-2節(口語訳)

62:1 シオンの義が
朝日の輝きのようにあらわれいで、
エルサレムの救が燃えるたいまつの様になるまで、
わたしはシオンのために黙せず、
エルサレムのために休まない。

12:1 こういうわけで、わたしたちは、このような多くの証人に雲のように囲まれているのであるから、いっさいの重荷と、からみつく罪とをかなぐり捨てて、わたしたちの参加すべき競走を、耐え忍んで走りぬこうではないか。
12:2 信仰の導き手であり、またその完成者であるイエスを仰ぎ見つつ、走ろうではないか。

8月最後の礼拝は、青年たちによるリバイバル集会でした。
体当たりで感動を込めて語られるメッセージに、一同こころ熱くしました。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

十字架の神秘

9月のオープン礼拝

comments





 

trackbacks

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me