十字架の神秘



イエスの逮捕から裁判まで、特にピラトとのやり取りを丁寧に描いたヨハネでしたが、十字架の道行きは意外にあっさりしています。イエスがピラトの官邸を出てゴルゴタと呼ばれる刑場に向かう道すがら、エルサレムの住民と過越祭に来ていた巡礼者たちは、前日とは別人のようになっているイエスの姿に驚き、物見高い人垣を作っていました。イエスは十字架の横木を自ら背負い、最初の数百メートルは、よろけながらも何とか歩くことができましたが、上り坂に差し掛かったときには、どうにも動けなくなってしまいました。
ヨハネ以外の福音書には、ローマ兵がそばに立っていたシモンという名のキレネ人に、イエスの十字架を無理やり押しつけ、ゴルゴタの丘まで運ばせましたことが記録されています。彼は、北アフリカのリビア地方の町キレネから過越祭に上って来ていた巡礼者でした。彼にとっては、命じられるままに、無理に担がされた十字架でしたが、それははかりも知れない神の恵みを伴うものでした。後に、彼と彼の家族の名が、使徒言行録やパウロ書簡に何度も出てくることから、イエスの十字架を分担した彼の人生が全く変えられたことがわかります。シモンにとって、おそらく生涯に一度のエルサレム巡礼の旅、そのゴールはあの荘厳なエルサレムの神殿ではなく、それはゴルゴタの丘であり、十字架のキリストであったのです。
これがヴィア・ドロローサで起こった事実ですが、ヨハネはシモンのことには一切触れず、頑固なまでに主張します。「イエスは、自ら十字架を背負い、・・・ゴルゴタという所へ向かわれた」と。ヨハネはシモンのこともよく知っていました。すぐそばで彼が十字架を背負うのを見ていたのです。それでもです。たとえイエスが力尽き、イエスの代わりに誰かが十字架を背負ったとしても、イエスが私たちのために重い十字架を自ら背負われた事実に変わりはありません。また、シモンの前を歩まれるイエスの背中には、私たちが負うべき十字架が確かに背負わされていたのです。シモンがイエスの十字架を背負ったのではなく、イエスがシモンの十字架を背負っていたのです。これこそ十字架の神秘です。
あの運命の日、ヴィア・ドロローサでの出来事が、シモンの心を永遠にキリストに結びつけたように、私たちも私たちに与えられる十字架を背負わせていただきましょう。だれ一人誇ることのできるものはいません。ただ従いましょう。「現在の苦しみは、将来わたしたちに現されるはずの栄光と比べると、取るに足りない」のですから。

次の日曜日が、8月最後の礼拝になります。青年たちによる特別集会です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

激しく激しく

燃えるたいまつ

comments





 

trackbacks

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me