燃えるたいまつ

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
イザヤ書62章1節、エステル記4章から。

62:1 シオンの義が
朝日の輝きのようにあらわれいで、
エルサレムの救が燃えるたいまつの様になるまで、
わたしはシオンのために黙せず、
エルサレムのために休まない。(口語訳)

4:14 この時にあたってあなたが口を閉ざしているなら、ユダヤ人の解放と救済は他のところから起こり、あなた自身と父の家は滅ぼされるにちがいない。この時のためにこそ、あなたは王妃の位にまで達したのではないか。
4:16 ・・・このために死ななければならないのでしたら、死ぬ覚悟でおります。

この夏のテーマとなるメッセージ「燃えるたいまつ」に登場する聖書の人物を祈祷会で学んでいますが、
今日はサマースクールの報告に続いて、王妃エステルの物語から学びました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

私たちに潜む凡庸な悪

裁判の席

comments





 

trackbacks

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me