罪人のひとりに数えられた



イエス・キリストこそ私たちの友です。イエスは言われました。「もはや、わたしはあなたがたを僕とは呼ばない。僕は主人が何をしているか知らないからである。わたしはあなたを友と呼ぶ。父から聞いたことをすべてあなたがたに知らせたからである」と。マタイ福音書11章にはこうも書かれています。洗礼者ヨハネとイエスの働きが対比して語られている所です。ヨハネが来て断食していると「あいつはおかしい」と言っていた人が、19節、「人の子が来て、飲み食いすると、『見ろ、あれは罪人の仲間だ』と言う。」いま巷で大きく取り上げられているニュースと言えば、京都アニメーションの放火もそうですが、吉本興業の闇営業とそれにまつわる不祥事でしょうか。発端は、芸人さんが、反社会勢力のパーティーに知らずに呼ばれ、そこで撮られた写真がスクープされてしまったことです。もし二千年前、カメラ(スマホ)があったら、きっとイエスが徴税人や遊女、罪人と呼ばれる人たちの家に招かれては宴会に出ている姿が撮影され、スクープされたのではないでしょうか。
イザヤ書53章にはこう書かれています。「彼(メシア)が自らをなげうち、死んで、罪人のひとりに数えられたからだ。多くの人の過ちを担い、背いた者のために執り成しをしたのは、この人であった。」あの日、カルバリ山には3本の十字架が立てられました。その姿が撮影されていたとしたら、どこからどう見ても、キリストは罪人のひとりです。それは私たちの友となり、私たちに大きな愛を示すためでした。「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。」
皇帝の友と呼ばれることを誇りとしたピラトのようにではなく、イエスから「わたしはあなたを友と呼ぶ」と言っていただけることを感謝し喜ぶ人となれますように。

次の日曜日は8月のオープン礼拝です。ぜひお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

燃えるたいまつ

わたしのかたわらにたち

comments





 

trackbacks

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me