なすべきこと

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
使徒言行録9章から。

9:3 ところが、サウロが旅をしてダマスコに近づいたとき、突然、天からの光が彼の周りを照らした。
9:4 サウロは地に倒れ、「サウル、サウル、なぜ、わたしを迫害するのか」と呼びかける声を聞いた。
9:5 「主よ、あなたはどなたですか」と言うと、答えがあった。「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。
9:6 起きて町に入れ。そうすれば、あなたのなすべきことが知らされる。」

9:15 すると、主は言われた。「行け。あの者は、異邦人や王たち、またイスラエルの子らにわたしの名を伝えるために、わたしが選んだ器である。」

教会ではペンテコステに向かって祈りが始まっています。今年、私たちもダマスコの回心を、使徒言行録9章を体験できますように。なすべきことがはっきりすれば、方向性が変わるでしょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

説教という愚かな手段

聖書は説教されることを待っている

comments





 

trackbacks

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me