明日がある



今月15日、世界文化遺産でパリの象徴でもあるノートルダム大聖堂が大規模な火災で、建物の一部が焼失しました。1163年着工の大聖堂は、ゴシック建築の代表建造物であり、1804年には皇帝ナポレオンの戴冠式もここで行われ、ヴィクトル・ユーゴーの小説「ノートルダム・ド・パリ」の舞台でもあります。大聖堂は単にフランス・パリの象徴というだけではなく、宗教・歴史・文化のシンボルでした。
火災の翌日、「消失を逃れた十字架を確認」と報じられ話題になりました。「外から差し込む明かりが、床から立ち上る煙や、左側の壁を白く照らす中、入口から真直ぐ向かった先に十字架が消失を逃れて立っている様子が確認できる。」十字架のもと、差し込む光の先には、ピエタ像も写っています。
10時間以上燃え続けた大聖堂を見たパリ市長は「私たちの一部が燃えている」と語り、フランス国民だけでなく世界がショックと悲しみの内に沈みました。そんな中、駆け付けたマクロン大統領は、大聖堂が火に飲み込まれていく光景を目にしながら、「明日から、私たちは大聖堂を再建する」と力強く語らっていました。まるで焼け残ってなお光り輝く十字架のように、問題や試練の中でも屈することなく、明日に希望を託して立ち上がる一国のリーダーに敬意を表したい気持ちになりました。
先週はイエス・キリストの復活を祝うイースターでした。死と闇の力を打ち破り、キリストはよみがえられたのです。焼失を逃れた十字架は、私たちにもキリストの十字架のゆえに「明日がある!」というメッセージを伝えてくれているように思えます。

平成から令和へ。今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ノートルダムの鐘

エバと道とマリアの道

comments





 

trackbacks

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me