我らは四人であった



今回の葬儀で紹介した内村鑑三先生の言葉から。19歳の長女ルツ子さんを天に送った後に書いたという短い詩です。

我らは四人であった。
しかして今なお四人である。
戸籍帳簿に一人の名は消え
四角の食台の一方はむなしく
四部合唱の一部は欠けて
讃美の調子は乱されしといえども
しかも我らは今なお四人である。

我らは今なお四人である。
地の帳簿に一人の名は消えて
天の記録に一人の名はふえた。
三度の食事に空席はできたが
残る三人はより親しくなった。
彼女は今なお我らのうちにいる。
一人は三人を縛る愛の絆となった。

しかし我らはいつまでもかくあるのではない。
我らは後に又前の如く四人になるのである。
神のラッパの鳴り響く時
寝れる者が皆起き上がる時
主が再びこの地にきたり給う時
新しきエルサレムが天より降る時
我らは再び四人になるのである。

四人とは内村先生の家族構成を示しますが、私たちも先に天に召された方々に想いを馳せるとき、かつて一緒に過ごした人数を入れて読むことができます。内村先生は長女の眠る墓地のひと握りの土をつかんで「ルツ子さん、万歳」と叫んだと言います。それはやせ我慢でも強がりでも現実逃避でもなく、彼の信仰でした。
「わが国籍は天にある。」また会う日まで。

次の日曜日は6月のオープン礼拝になります。ぜひお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

聖書と私

6月のオープン礼拝

comments





 

trackbacks

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me