ホロコーストをとおして



今年は先週の木曜日が、ヨム・ハショア(ホロコースト犠牲者追悼日)、今週の木曜日がイスラエルの独立記念日になります。イスラエルの祝日はユダヤ暦で数えるので私たちのカレンダーとは日付がずれるのですが、毎年、この時期に、世界のユダヤ人青年を対象にした命の行進(The March of the Living)が行われます。かつて死の行進が行われた苦難の地を踏みしめ、600万の犠牲者の悲しみと連帯し、そこから命への道を歩み始める命の行進。昨年の研修旅行に続き、今年も教会のメンバーが参加しました。全体のツアーは、式典が持たれたポーランドに続いて、杉原さんがユダヤ人を救ったリトアニアに入っていますが、ポーランドだけのグループは先週末に帰国しています。
今年はイスラエルの独立70年、二千年の流浪の歴史の終止符を打ち、悲願の建国を果たした背後に、ホロコーストという大きな犠牲があったことを忘れてはなりません。また神の預言とその深い御心を覚え、聖イエス会の存在の意義を確認する時にしたいと願っています。
1948年5月14日(その年のユダヤ暦でヤイールの月の5日)、安息日の前夜、テルアビブ博物館に集まった人々を前に、初代首相デイビッド・ベングリオンが独立宣言文を読み上げました。「ここにイスラエル国の独立を宣言する。近年ユダヤ人に降りかかったホロコーストは独立国家の必要を明らかにした。イスラエルの全能なる神を信じ、この宣言に署名する。」この時を待ちかねた世界中のユダヤ人が歓声と共に国家となる「ハティクバ」を歌いました。それは、大槻牧師が1938年(昭和13年)1月9日、神との出会いに続き、神のビジョンを受けて満10年目のことでした。しかし、聖イエス会が最初のイスラエル人に出会うためには、それからなお14年の歳月を必要といたしました。

昨日はここまで話した後、春の聖会で紹介していただいた聖イエス会が最初に出会ったイスラエル人、A先生の声を映像をとおして聞いていただきました。この出会いが聖イエス会と「アニーマアミン」との出会いでもあったことに感動を新たにしました。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

私とともに父の愛のうちに

あなたの行進が見える

comments





 

trackbacks

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me