命二つの中に生きたる桜哉



私たちに必要なことは、枯れることのない豊かな命、ぶどうの木であるキリストにつながっていることです。イエスは言われました。「私のうちに生きなさい。私もあなたたちのうちに生きよう」と。
松尾芭蕉の旅日記『野ざらし紀行』に、滋賀県は甲賀市にある水口という東海道の50番目の宿場町で詠まれた句があります。「命二つの中に生きたる桜哉」。
この句には、前書きがあって、「水口にて二十年を経て故人に逢ふ」とあります。ここで言う故人とは、昔馴染みという意味で、芭蕉の弟子であった同郷の服部土芳という人物のことだと言われています。芭蕉42歳、土芳29歳での再会でした。郷里の伊賀で土芳と別れたのは、彼がまだ9歳のころだったことになりますが、20年を経て、成長した土芳との再会が嬉しくてたまらなかったのでしょう。芭蕉が「命」という言葉を使うのは希なことだそうですが、「命二つ」という最初の五句がとても印象的です。
東日本大震災の年、震災の3日後に予定されていた卒業式が中止になり、卒業生に贈った言葉がインターネットで広まり話題になったのは、埼玉にあるミッションスクール、立教新座高校の校長であった渡辺憲司先生でした。この先生のスピーチが本になっていますが、同じ年の入学式の祝辞で、この芭蕉の句を引用しています。
「命二つという発想が、心に強く響いてきた・・・。私たちは、命を自分一人のものと考えがちです。かけがえのない命は、もちろん自分だけのもの。他の人と取り換えようのないものです。私は<命一つ>と考えていました。それを芭蕉は、まず<命二つ>と切り出したのです。
命は、自分一人のものですが、一人で支えているものではありません。・・・他者の存在なしに、命はありません。親と自分、友人と自分、他者と自己、それぞれがその命を自分の中に大切に抱えながら、親、友人、もうひとつの命に支えられ、<命二つ>の中で生きているのです。
命は一つで生きていくことはできません。 自分にかけがえのない命は、相手にとってもかけがえのない命なのです。・・・<命二つ>と、考えることは、相手の心に近づき、自分の身を相手に重ねることです。 互いに命の尊厳を認め合うということです。」
心に沁みる言葉ですが、キリストの言葉も「命二つ」という発想ではないでしょうか。ぶどうの木と枝。枝は木につながっていなければ実を結ぶことができず、木も枝なしには実を得ることはできない掛け替えのない存在、この命二つが出会う桜ならぬぶどうの木、それは十字架です。かつては呪いの象徴であった十字架が、イースターの朝、キリストの復活を通して命との出会いの場所となったのです。
キリストは今もあなたを呼んでおられます。20年どころではありません。なんと二千年もあなたと会えるのを待ち続けておられたのです。「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。」「私のうちに生きなさい。・・・私もあなたたちのうちに生きよう」と。
「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子(の十字架と復活)を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」


comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わが魂よ、さめよ

キリストにとどまる

comments





 

trackbacks

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me