終わりの時に、わたしの霊を

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
使徒言行録2章とゼカリヤ書10章から。

2:17 『神は言われる。終わりの時に、
わたしの霊をすべての人に注ぐ。
すると、あなたたちの息子と娘は預言し、
若者は幻を見、老人は夢を見る。

10:1 春の雨の季節には、主に雨を求めよ。
主は稲妻を放ち、彼らに豊かな雨を降らせ
すべての人に野の草を与えられる。

次の日曜日は中部教区合同のペンテコステ聖会、祈りが積まれています。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

愛に動くイスラエル

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
コリントの信徒への手紙一13章から。

13:13 それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。
その中で最も大いなるものは、愛である。

先週に続き、『あかしびと』の巻頭のことばからのお勧め。
イスラエルでは五旬祭(ペンテコステ)に読まれるルツ記を中心に、愛が人を動かすということを教えていただきました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

愛に動くイスラエル

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
コリントの信徒への手紙一13章から。

13:13 それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。
その中で最も大いなるものは、愛である。

今週は『あかしびと』の巻頭のことばからお勧めがありました。
合唱団の証しも入り感謝でした。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

なすべきこと

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
使徒言行録9章から。

9:3 ところが、サウロが旅をしてダマスコに近づいたとき、突然、天からの光が彼の周りを照らした。
9:4 サウロは地に倒れ、「サウル、サウル、なぜ、わたしを迫害するのか」と呼びかける声を聞いた。
9:5 「主よ、あなたはどなたですか」と言うと、答えがあった。「わたしは、あなたが迫害しているイエスである。
9:6 起きて町に入れ。そうすれば、あなたのなすべきことが知らされる。」

9:15 すると、主は言われた。「行け。あの者は、異邦人や王たち、またイスラエルの子らにわたしの名を伝えるために、わたしが選んだ器である。」

教会ではペンテコステに向かって祈りが始まっています。今年、私たちもダマスコの回心を、使徒言行録9章を体験できますように。なすべきことがはっきりすれば、方向性が変わるでしょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

神がハガルの目を開かれたので

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
創世記21章から。

21:8 やがて、子供は育って乳離れした。アブラハムはイサクの乳離れの日に盛大な祝宴を開いた。
21:9 サラは、エジプトの女ハガルがアブラハムとの間に産んだ子が、イサクをからかっているのを見て、
21:10 アブラハムに訴えた。「あの女とあの子を追い出してください。あの女の息子は、わたしの子イサクと同じ跡継ぎとなるべきではありません。」
21:11 このことはアブラハムを非常に苦しめた。その子も自分の子であったからである。
21:12 神はアブラハムに言われた。「あの子供とあの女のことで苦しまなくてもよい。すべてサラが言うことに聞き従いなさい。あなたの子孫はイサクによって伝えられる。
21:13 しかし、あの女の息子も一つの国民の父とする。彼もあなたの子であるからだ。」
21:14 アブラハムは、次の朝早く起き、パンと水の革袋を取ってハガルに与え、背中に負わせて子供を連れ去らせた。ハガルは立ち去り、ベエル・シェバの荒れ野をさまよった。
21:15 革袋の水が無くなると、彼女は子供を一本の灌木の下に寝かせ、
21:16 「わたしは子供が死ぬのを見るのは忍びない」と言って、矢の届くほど離れ、子供の方を向いて座り込んだ。彼女は子供の方を向いて座ると、声をあげて泣いた。
21:17 神は子供の泣き声を聞かれ、天から神の御使いがハガルに呼びかけて言った。「ハガルよ、どうしたのか。恐れることはない。神はあそこにいる子供の泣き声を聞かれた。
21:18 立って行って、あの子を抱き上げ、お前の腕でしっかり抱き締めてやりなさい。わたしは、必ずあの子を大きな国民とする。」
21:19 神がハガルの目を開かれたので、彼女は水のある井戸を見つけた。彼女は行って革袋に水を満たし、子供に飲ませた。
21:20 神がその子と共におられたので、その子は成長し、荒れ野に住んで弓を射る者となった。
21:21 彼がパランの荒れ野に住んでいたとき、母は彼のために妻をエジプトの国から迎えた。

今日はハガルの物語からお勧めをいただきました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

一粒の麦

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヨハネによる福音書12章から。

12:24 はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。
だが、死ねば、多くの実を結ぶ。

今週は神学生(実習生)が、初めての集会を導いてくださり感謝でした。
連休中にもたれたロゴス神学院セミナーの報告と恵みから、救霊についてお勧めしてくださいました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

エバと道とマリアの道

令和になって最初の祈祷会。今週も祈祷会を大切に。
御言葉をシェアします。箴言とルカによる福音書から。

箴言
5:7 それゆえ、子らよ、わたしに聞き従え。わたしの口の言葉からそれてはならない。

ルカによる福音書
1:37 神にできないことは何一つない。」
1:38 マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」

今日は、今月のぶどう樹と『リベカ抄』からお勧めがありました。
新しい時代、私たちの聞く言葉によって、私たちは災いの源にも祝福の源にもなり得るのです。
どちらの道を選びますか?

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

心は燃ゆ

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ルカによる福音書24章から。

24:28 一行は目指す村に近づいたが、イエスはなおも先へ行こうとされる様子だった。
24:29 二人が、「一緒にお泊まりください。そろそろ夕方になりますし、もう日も傾いていますから」と言って、無理に引き止めたので、イエスは共に泊まるため家に入られた。
24:30 一緒に食事の席に着いたとき、イエスはパンを取り、賛美の祈りを唱え、パンを裂いてお渡しになった。
24:31 すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。
24:32 二人は、「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか」と語り合った。

復活の主との心燃やされる出会いが与えられますように。
『あかしびと』から「十二の御名」の記事の一部も合わせて学びました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

過越の小羊なるイエスとの出会い

今週も祈祷会を大切に。今週は受難週の黙想会でした。
御言葉をシェアします。ルカによる福音書22章ほか。

22:14 時刻になったので、イエスは食事の席に着かれたが、使徒たちも一緒だった。
22:15 イエスは言われた。「苦しみを受ける前に、あなたがたと共にこの過越の食事をしたいと、わたしは切に願っていた。
22:16 言っておくが、神の国で過越が成し遂げられるまで、わたしは決してこの過越の食事をとることはない。」
22:17 そして、イエスは杯を取り上げ、感謝の祈りを唱えてから言われた。「これを取り、互いに回して飲みなさい。
22:18 言っておくが、神の国が来るまで、わたしは今後ぶどうの実から作ったものを飲むことは決してあるまい。」
22:19 それから、イエスはパンを取り、感謝の祈りを唱えて、それを裂き、使徒たちに与えて言われた。「これは、あなたがたのために与えられるわたしの体である。わたしの記念としてこのように行いなさい。」
22:20 食事を終えてから、杯も同じようにして言われた。「この杯は、あなたがたのために流される、わたしの血による新しい契約である。」

コリントの信徒への手紙一
5:7 キリストが、わたしたちの過越の小羊として屠られたからです。

私たちのためにすでに屠られた過越の小羊を信仰によって受け取りましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

祈りのチャレンジ

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヤコブの手紙から。

1:6 いささかも疑わず、信仰をもって願いなさい。疑う者は、風に吹かれて揺れ動く海の波に似ています。
1:7 そういう人は、主から何かいただけると思ってはなりません。

4:3 願い求めても、与えられないのは、自分の楽しみのために使おうと、間違った動機で願い求めるからです。

5:16 …正しい人の祈りは、大きな力があり、効果をもたらします。

今週は『あかしびと』の巻頭のことばからのお勧めでした。
「祈れ! 祈れ!」との声が響きます。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me