ガバタ(敷石)にて

礼拝メッセージ 「ガバタ(敷石)にて」
聖書 ヨハネによる福音書19章13-17節
ヨハネによる福音書シリーズ(171)

19:13 ピラトは、これらの言葉を聞くと、イエスを外に連れ出し、ヘブライ語でガバタ、すなわち「敷石」という場所で、裁判の席に着かせた。
19:14 それは過越祭の準備の日の、正午ごろであった。ピラトがユダヤ人たちに、「見よ、あなたたちの王だ」と言うと、
19:15 彼らは叫んだ。「殺せ。殺せ。十字架につけろ。」ピラトが、「あなたたちの王をわたしが十字架につけるのか」と言うと、祭司長たちは、「わたしたちには、皇帝のほかに王はありません」と答えた。
19:16 そこで、ピラトは、十字架につけるために、イエスを彼らに引き渡した。こうして、彼らはイエスを引き取った。
19:17 イエスは、自ら十字架を背負い、いわゆる「されこうべの場所」、すなわちヘブライ語でゴルゴタという所へ向かわれた。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わたしのかたわらにたち

8月のオープン礼拝
礼拝メッセージ 「わたしのかたわらにたち」
聖書 ヨハネによる福音書19章13−16節
ヨハネによる福音書シリーズ(171)

19:13 ピラトは、これらの言葉を聞くと、イエスを外に連れ出し、ヘブライ語でガバタ、すなわち「敷石」という場所で、裁判の席に着かせた。
19:14 それは過越祭の準備の日の、正午ごろであった。ピラトがユダヤ人たちに、「見よ、あなたたちの王だ」と言うと、
19:15 彼らは叫んだ。「殺せ。殺せ。十字架につけろ。」ピラトが、「あなたたちの王をわたしが十字架につけるのか」と言うと、祭司長たちは、「わたしたちには、皇帝のほかに王はありません」と答えた。
19:16 そこで、ピラトは、十字架につけるために、イエスを彼らに引き渡した。こうして、彼らはイエスを引き取った。

今週も礼拝の恵みに感謝。
昼からサマースクールに突入。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

あなたを友と呼ぶ

礼拝メッセージ 「あなたを友と呼ぶ」
聖書 ヨハネによる福音書19章8-12節ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(170)

19:8 ピラトは、この言葉を聞いてますます恐れ、
19:9 再び総督官邸の中に入って、「お前はどこから来たのか」とイエスに言った。しかし、イエスは答えようとされなかった。
19:10 そこで、ピラトは言った。「わたしに答えないのか。お前を釈放する権限も、十字架につける権限も、このわたしにあることを知らないのか。」
19:11 イエスは答えられた。「神から与えられていなければ、わたしに対して何の権限もないはずだ。だから、わたしをあなたに引き渡した者の罪はもっと重い。」
19:12 そこで、ピラトはイエスを釈放しようと努めた。しかし、ユダヤ人たちは叫んだ。「もし、この男を釈放するなら、あなたは皇帝の友ではない。王と自称する者は皆、皇帝に背いています。」

15:15 もはや、わたしはあなたがたを僕とは呼ばない。僕は主人が何をしているか知らないからである。わたしはあなたがたを友と呼ぶ。父から聞いたことをすべてあなたがたに知らせたからである。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

汝は、故郷は何処か

礼拝メッセージ 「汝は、故郷は何処か」
聖書 ヨハネによる福音書19章5-11節
ヨハネによる福音書シリーズ(169)

19:5 イエスは茨の冠をかぶり、紫の服を着けて出て来られた。ピラトは、「見よ、この男だ」と言った。
19:6 祭司長たちや下役たちは、イエスを見ると、「十字架につけろ。十字架につけろ」と叫んだ。ピラトは言った。あなたたちが引き取って、十字架につけるがよい。わたしはこの男に罪を見いだせない。」
19:7 ユダヤ人たちは答えた。「わたしたちには律法があります。律法によれば、この男は死罪に当たります。神の子と自称したからです。」
19:8 ピラトは、この言葉を聞いてますます恐れ、
19:9 再び総督官邸の中に入って、「お前はどこから来たのか」とイエスに言った。しかし、イエスは答えようとされなかった。
19:10 そこで、ピラトは言った。「わたしに答えないのか。お前を釈放する権限も、十字架につける権限も、このわたしにあることを知らないのか。」
19:11 イエスは答えられた。「神から与えられていなければ、わたしに対して何の権限もないはずだ。だから、わたしをあなたに引き渡した者の罪はもっと重い。」

ケセン語聖書(山浦玄嗣訳)
19:8 この言葉を聞いて、ピラトは思わずゾッと寒気がして、はなはだ気味が悪くなった。
19:9 それで、代官陣屋に入って、またもイェシューさまに尋ねた。「汝は、故郷は何処か?」

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

この人を見よ

礼拝メッセージ 「この人を見よ(後編)」
聖書 ヨハネによる福音書19章1-7節ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(168)

19:1 そこで、ピラトはイエスを捕らえ、鞭で打たせた。
19:2 兵士たちは茨で冠を編んでイエスの頭に載せ、紫の服をまとわせ、
19:3 そばにやって来ては、「ユダヤ人の王、万歳」と言って、平手で打った。
19:4 ピラトはまた出て来て、言った。「見よ、あの男をあなたたちのところへ引き出そう。そうすれば、わたしが彼に何の罪も見いだせないわけが分かるだろう。」
19:5 イエスは茨の冠をかぶり、紫の服を着けて出て来られた。ピラトは、「見よ、この男だ」と言った。
19:6 祭司長たちや下役たちは、イエスを見ると、「十字架につけろ。十字架につけろ」と叫んだ。ピラトは言った。「あなたたちが引き取って、十字架につけるがよい。わたしはこの男に罪を見いだせない。」
19:7 ユダヤ人たちは答えた。「わたしたちには律法があります。律法によれば、この男は死罪に当たります。神の子と自称したからです。」

1:29 その翌日、ヨハネは、自分の方へイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ。

礼拝音楽を豊かに。今日の特別賛美はフルートとヴァイオリンの二重奏で「You raise me up」でした。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

この人を見よ

礼拝メッセージ 「この人を見よ(前編)」
聖書 ヨハネによる福音書19章1-5節ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(167)

19:1 そこで、ピラトはイエスを捕らえ、鞭で打たせた。
19:2 兵士たちは茨で冠を編んでイエスの頭に載せ、紫の服をまとわせ、
19:3 そばにやって来ては、「ユダヤ人の王、万歳」と言って、平手で打った。
19:4 ピラトはまた出て来て、言った。「見よ、あの男をあなたたちのところへ引き出そう。そうすれば、わたしが彼に何の罪も見いだせないわけが分かるだろう。」
19:5 イエスは茨の冠をかぶり、紫の服を着けて出て来られた。ピラトは、「見よ、この男だ」と言った。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

バラバと私の物語

礼拝メッセージ 「バラバと私の物語」
聖書 ヨハネによる福音書18章37-40節ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(166)

18:37 そこでピラトが、「それでは、やはり王なのか」と言うと、イエスはお答えになった。「わたしが王だとは、あなたが言っていることです。わたしは真理について証しをするために生まれ、そのためにこの世に来た。真理に属する人は皆、わたしの声を聞く。」
18:38 ピラトは言った。「真理とは何か。」
18:38 ピラトは、こう言ってからもう一度、ユダヤ人たちの前に出て来て言った。「わたしはあの男に何の罪も見いだせない。
18:39 ところで、過越祭にはだれか一人をあなたたちに釈放するのが慣例になっている。あのユダヤ人の王を釈放してほしいか。」
18:40 すると、彼らは、「その男ではない。バラバを」と大声で言い返した。バラバは強盗であった。

ローマの信徒への手紙
5:8 しかし、わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました。
5:9 それで今や、わたしたちはキリストの血によって義とされたのですから、キリストによって神の怒りから救われるのは、なおさらのことです。

ガラテヤの信徒への手紙
5:1 この自由を得させるために、キリストはわたしたちを自由の身にしてくださったのです。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

聖書と私

礼拝メッセージ 「聖書と私」
聖書 ヨハネによる福音書18章37-40節ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(165)

18:37 そこでピラトが、「それでは、やはり王なのか」と言うと、イエスはお答えになった。「わたしが王だとは、あなたが言っていることです。わたしは真理について証しをするために生まれ、そのためにこの世に来た。真理に属する人は皆、わたしの声を聞く。」
18:38 ピラトは言った。「真理とは何か。」
18:38 ピラトは、こう言ってからもう一度、ユダヤ人たちの前に出て来て言った。「わたしはあの男に何の罪も見いだせない。
18:39 ところで、過越祭にはだれか一人をあなたたちに釈放するのが慣例になっている。あのユダヤ人の王を釈放してほしいか。」
18:40 すると、彼らは、「その男ではない。バラバを」と大声で言い返した。バラバは強盗であった。

今日は昨年の6月に天に召された二人の教会員の召天1周年記念の礼拝でした。
お二人が遺してくれた御言葉への信仰と証を大切にしたいと思います。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

地の果てまで

教区合同ペンテコステ聖会
講師 二宮貴司牧師(パウロ教会)
午前のメッセージ 「地の果てまで」
聖書 使徒言行録1章8節、14節、2章1-4節

1:8 「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」
1:14 彼らは皆、婦人たちやイエスの母マリア、またイエスの兄弟たちと心を合わせて熱心に祈っていた。

2:1 五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、
2:2 突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。
2:3 そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。
2:4 すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。

午後のメッセージ 「わたしの霊をすべての人に注ぐ」
聖書 使徒言行録2章17節、21節、3章6節

2:17 「神は言われる。終わりの時に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。
2:21主の名を呼び求める者は皆、救われる。」

3:6 ペトロは言った。「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう。ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」

恵みに満ちあふれた聖会でした。今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

聖霊があなたがたに下る時

ペンテコステ礼拝
メッセージ 「聖霊があなたがたに下る時」長谷川神学生
聖書 使徒言行録2章1-4節ほか

2:1 五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、
2:2 突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。
2:3 そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。
2:4 すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。

コリントの信徒への手紙二
3:18 わたしたちは皆、顔の覆いを除かれて、鏡のように主の栄光を映し出しながら、栄光から栄光へと、主と同じ姿に造りかえられていきます。これは主の霊の働きによることです。

今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me