カナの奇跡(聖書に見るマリアの姿)

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ヨハネによる福音書の2章から。

2:1 三日目に、ガリラヤのカナで婚礼があって、イエスの母がそこにいた。
2:2 イエスも、その弟子たちも婚礼に招かれた。
2:3 ぶどう酒が足りなくなったので、母がイエスに、「ぶどう酒がなくなりました」と言った。
2:4 イエスは母に言われた。「婦人よ、わたしとどんなかかわりがあるのです。わたしの時はまだ来ていません。」
2:5 しかし、母は召し使いたちに、「この人が何か言いつけたら、そのとおりにしてください」と言った。
2:6 そこには、ユダヤ人が清めに用いる石の水がめが六つ置いてあった。いずれも二ないし三メトレテス入りのものである。
2:7 イエスが、「水がめに水をいっぱい入れなさい」と言われると、召し使いたちは、かめの縁まで水を満たした。
2:8 イエスは、「さあ、それをくんで宴会の世話役のところへ持って行きなさい」と言われた。召し使いたちは運んで行った。
2:9 世話役はぶどう酒に変わった水の味見をした。このぶどう酒がどこから来たのか、水をくんだ召し使いたちは知っていたが、世話役は知らなかったので、花婿を呼んで、
2:10 言った。「だれでも初めに良いぶどう酒を出し、酔いがまわったころに劣ったものを出すものですが、あなたは良いぶどう酒を今まで取って置かれました。」
2:11 イエスは、この最初のしるしをガリラヤのカナで行って、その栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた。

ペンテコステの恵みに感謝しつつ、6月3日に計画されているマリア会大会の準備となるお勧めをいただきました。
大会を通して、私たち一人一人が霊的な底上げをしていただくことができますように。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

内におられるキリスト、栄光の希望

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
コロサイの信徒への手紙1章から。

1:27 この秘められた計画が異邦人にとってどれほど栄光に満ちたものであるかを、神は彼らに知らせようとされました。その計画とは、あなたがたの内におられるキリスト、栄光の希望です。

先週に続き、青年大会の報告集会となるペンテコステの礼拝に備え、リバイバルメッセージの後半をみんなで音読し味わいました。あなた語る人、わたし聞く人、と言うのではなく、みんな語る人。ペンテコステは、そんな激しく天の門をたたく、一体感のある集会になります。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

内におられるキリスト、栄光の希望

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
コロサイの信徒への手紙1章から。

1:27 この秘められた計画が異邦人にとってどれほど栄光に満ちたものであるかを、神は彼らに知らせようとされました。その計画とは、あなたがたの内におられるキリスト、栄光の希望です。

今日はキリストの昇天日、ペンテコステに向かって祈りを積みました。
青年大会の報告集会となるペンテコステの礼拝に備え、リバイバルメッセージの前半を音読し味わいました。
もう一度、私たちの内側で火花を散らすような神との出会いが与えられますように。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

われ神に出会う

GWですが、今週も祈祷会を大切に。
御言葉をシェアします。詩編42編から。

42:2 涸れた谷に鹿が水を求めるように/神よ、わたしの魂はあなたを求める。
42:3 神に、命の神に、わたしの魂は渇く。いつ御前に出て/神の御顔を仰ぐことができるのか。

今日はGWスペシャルということで、『あかしびと』に連載中のT牧師の記事から、「われ神に出会う」の誕生秘話を紹介し、曲を聴き直し味わいました。すべてはここから始まっていることを確認し、「月足らずで生まれたような」者にも与えられた出会いに感謝しました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

内におられるキリスト

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
コロサイの信徒への手紙1章から。

1:27 この秘められた計画が異邦人にとってどれほど栄光に満ちたものであるかを、神は彼らに知らせようとされました。その計画とは、あなたがたの内におられるキリスト、栄光の希望です。

今日はGWに入る今週末から持たれる全国青年大会で取り組まれるメッセージを学び、大会のために祈りました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

あなたの行進が見える

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
詩編68編から。

68:25 神よ、あなたの行進が見える。
わたしの神、わたしの王は聖所に行進される。

神よ、人々はあなたのこうごうしい行列を見た。

イスラエル独立70周年の記念日です。その10年前、神との出会いと導きの中で、その日のために祈り始めた人々がいました。1938年1月9日と4月17日、その後の日々が『エルサレムをめざして』の上巻に詳しく記録されています。映画のスクリーンに映し出されるように見せられたエルサレム大行進のビジョン。私たちは今その行進の中に立っています。「新しきエルサレムへ!」。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

師のようになれる

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ルカによる福音書6章から。

6:40 弟子は師にまさるものではない。しかし、だれでも、十分に修行を積めば、その師のようになれる。

詳訳聖書
6:40 弟子は師にまさるものではない。しかし、〔弟子が〕十分に訓練される<新しく整えられ、立ち直らされ、正しくされ、完成される>と、だれでも師のようになれる。

今週も春の京都聖会のメッセージを学ばせていただきました。
今日はヨム・ハショア(ホロコースト追悼日)です。主の民の慰めを祈ります。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

わが魂よ、さめよ

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
詩編57編から、口語訳聖書で。

57:7 神よ、わたしの心は定まりました。
わたしの心は定まりました。
57:8 わたしは歌い、かつほめたたえます。
わが魂よ、さめよ。堅琴よ、琴よ、さめよ。
わたしはしののめを呼びさまします。

今週も春の京都聖会のメッセージを学ばせていただきました。
聖霊が私たちの心の琴線に触れ、聖なる美しい御名を唱えさせてくださる。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

内におられるキリストを宣べ伝える

今週も祈祷会を大切に。
御言葉をシェアします。ヨハネによる福音書の9章から。

9:35 イエスは彼が外に追い出されたことをお聞きになった。そして彼に出会うと、「あなたは人の子を信じるか」と言われた。
9:36 彼は答えて言った。「主よ、その方はどんな人ですか。その方を信じたいのですが。」
37 イエスは言われた。「あなたは、もうその人を見ている。あなたと話しているのが、その人だ。」
9:38 彼が、「主よ、信じます」と言って、ひざまずくと、
9:39 イエスは言われた。「わたしがこの世に来たのは、裁くためである。こうして、見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになる。」

今週は受難週、祈祷会も前半は主のご苦難を偲ぶ黙想会、後半はdvdによる京都聖会の報告集会としました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

イエスは宮にはいられた

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
マタイによる福音書21章から。

21:4 それは、預言者を通して言われていたことが実現するためであった。
21:5 「シオンの娘に告げよ。『見よ、お前の王がお前のところにおいでになる、柔和な方で、ろばに乗り、荷を負うろばの子、子ろばに乗って。』」
21:9 そして群衆は、イエスの前を行く者も後に従う者も叫んだ。「ダビデの子にホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように。いと高きところにホサナ。」
21:12 それから、イエスは宮にはいられた。(21節は口語訳)

次の日曜日は棕櫚の聖日、受難週に入ります。今日は今年の標語や聖会のメッセージから新しい光をいただいて、「イエスは宮に入られた」のメッセージを学び直しました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me