この目であなたの救いを見た

今日は今年最後の祈祷会でした。毎週の祈祷会を大切にしてくださったみなさんに感謝。
御言葉をシェアします。ルカによる福音書2章から。

2:22 さて、モーセの律法に定められた彼らの清めの期間が過ぎたとき、両親はその子を主に献げるため、エルサレムに連れて行った。
2:23 それは主の律法に、「初めて生まれる男子は皆、主のために聖別される」と書いてあるからである。
2:24 また、主の律法に言われているとおりに、山鳩一つがいか、家鳩の雛二羽をいけにえとして献げるためであった。
2:25 そのとき、エルサレムにシメオンという人がいた。この人は正しい人で信仰があつく、イスラエルの慰められるのを待ち望み、聖霊が彼にとどまっていた。
2:26 そして、主が遣わすメシアに会うまでは決して死なない、とのお告げを聖霊から受けていた。
2:27 シメオンが“霊”に導かれて神殿の境内に入って来たとき、両親は、幼子のために律法の規定どおりにいけにえを献げようとして、イエスを連れて来た。
2:28 シメオンは幼子を腕に抱き、神をたたえて言った。
2:29 「主よ、今こそあなたは、お言葉どおりこの僕を安らかに去らせてくださいます。
2:30 わたしはこの目であなたの救いを見たからです。
2:31 これは万民のために整えてくださった救いで、
2:32 異邦人を照らす啓示の光、あなたの民イスラエルの誉れです。」
2:33 父と母は、幼子についてこのように言われたことに驚いていた。
2:34 シメオンは彼らを祝福し、母親のマリアに言った。「御覧なさい。この子は、イスラエルの多くの人を倒したり立ち上がらせたりするためにと定められ、また、反対を受けるしるしとして定められています。
2:35 ——あなた自身も剣で心を刺し貫かれます——多くの人の心にある思いがあらわにされるためです。」

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

三つの降臨

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
マタイによる福音書1章、ルカによる福音書1章から。

マタイによる福音書
1:21 マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」
1:22 このすべてのことが起こったのは、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。
1:23 「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。

ルカによる福音書
1:37 神にできないことは何一つない。」
1:38 マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」

聖書の伝える三大ニュースは「三つの降臨」だ。
第一に、イエス・キリストの誕生(初降臨と言う)。第二に、聖霊の降臨。第三に、イエス・キリストの再臨。第一と第二については過去においてすでに実現した出来事だが、第三はこれから起こる出来事になる。もちろん、その時は神が決定されることではあるが、私たちの側から言えば、私たちの祈り、信仰と献身によって実現していただかなければならないことでもある。だから聖書にこう書かれている。「神の日の来るのを待ち望み、また、それが来るのを早めるようにすべきです。」(ペトロの手紙二3:12)

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

真の悔い改め

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
マタイによる福音書から。

5:8 心の清い人々は、幸いである、その人たちは神を見る。

3:1 そのころ、洗礼者ヨハネが現れて、ユダヤの荒れ野で宣べ伝え、
3:2 「悔い改めよ。天の国は近づいた」と言った。

今週のお勧めは裕美先生。2つのお勧めをいただきました。まず、昨日12月12日にちなんで、清子ちゃん証し、それから、聖餐式を前にして悔い改めについてです。次の礼拝では聖餐式が行われますが、清い心で主の聖餐にあずかることができますように。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

感嘆すべき交換

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
マタイによる福音書5章から。

5:3 心の貧しい人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。
5:8 心の清い人々は、幸いである、その人たちは神を見る。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

私にとって、フランシスコは

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
ルカによる福音書6章から。

6:40 弟子は師にまさるものではない。しかし、だれでも、十分に修行を積めば、その師のようになれる。

今週も『あかしびと』から一つの記事を紹介しわかち合った後、先週学んだ巻頭のことばを発展させ、『言泉集』から「私にとって、フランシスコは」というメッセージを学び、聖イエス会の霊性の基礎がどこから来ているのかを教えられました。「キリスト者はキリストのごとく」と言われてもそれは高嶺の花のように思えますが、「だれでも、十分に修行を積めば、・・・なれる」との言葉に励まされました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

主の現存を見る生活

今週も祈祷会を大切に。
御言葉をシェアします。マタイによる福音書の6章から。

6:6 だから、あなたが祈るときは、奥まった自分の部屋に入って戸を閉め、
隠れたところにおられるあなたの父に祈りなさい。
そうすれば、隠れたことを見ておられるあなたの父が報いてくださる。

先週、『あかしびと』の11月号が届きましたので、今日は「巻頭のことば」からお勧め。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

あなたがたの命であるキリスト

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
コロサイの信徒への手紙3章から。

3:1 さて、あなたがたは、キリストと共に復活させられたのですから、上にあるものを求めなさい。そこでは、キリストが神の右の座に着いておられます。
3:2 上にあるものに心を留め、地上のものに心を引かれないようにしなさい。
3:3 あなたがたは死んだのであって、あなたがたの命は、キリストと共に神の内に隠されているのです。
3:4 あなたがたの命であるキリストが現れるとき、あなたがたも、キリストと共に栄光に包まれて現れるでしょう。

今週は『言泉集』から、秋に学ぶべきメッセージを学ばせていただきました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

御名があがめられていることを

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
イザヤ書12章から。

12:4 その日には、あなたたちは言うであろう。
「主に感謝し、御名を呼べ。
諸国の民に御業を示し
気高い御名を告げ知らせよ。」

新改訳
12:4 「主に感謝せよ。その御名を呼び求めよ。
そのみわざを、もろもろの民の中に知らせよ。
御名があがめられていることを語り告げよ。」

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

生きるにも死ぬにも

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
フィリピの信徒への手紙の1章から。

1:19 そして、どんなことにも恥をかかず、これまでのように今も、生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストが公然とあがめられるようにと切に願い、希望しています。
1:20 わたしにとって、生きるとはキリストであり、死ぬことは利益なのです。

今日から11月。11月1日は、私の出身教会である高松教会をはじめ、聖イエス会の四国にある教会を一人で開拓された三木隆先生の召天記念日です。先週『あかしびと』で紹介したM先生の証しにも先生の名前が出て来たので、この機会に三木先生のことを改めて紹介させていただきました。
集会後、「名古屋にも鍵田町時代に来られましたよ」「私が初めて教会に来たのは、三木先生の集会でした」「私が聖霊を受けたのは、三木先生の集会でした」と次々と声をかけてくださり、感謝しました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

御言葉を宣べ伝えなさい

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
テモテへの手紙二4章から。

4:1 神の御前で、そして、生きている者と死んだ者を裁くために来られるキリスト・イエスの御前で、その出現とその御国とを思いつつ、厳かに命じます。
4:2 御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。

今週は『あかしびと』の記事から、証しを二つ紹介しました。一人の人が救われる喜び、そこに至るまでの主の導きと祈りを思い、新しいステージの祈りと宣教のために祈りを積みました。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me