ここにてみことばは



聖地はナザレにある受胎告知教会の地下に、天使ガブリエルがおとめマリアに現れたと言われる場所があります。そこにある記念の祭壇には、ラテン語で「ここにてみことば(ロゴス)は肉体となりたまえり」と刻まれています。ベツレヘムの聖誕教会ではなく、受胎告知のあったここが神の言であるキリストが受肉された場所と言うことです。ロゴスの受肉(incarnation)の神秘は、毎週、使徒信条で「主は聖霊によって、おとめマリアより生まれ」と告白している大切な教理です。カトリックでは「託身」と言い、最近では「人間化」という訳語も使われるようになっています。
礼拝で「ヨハネによる福音書」をシリーズで学びはじめて4年、ようやく17章の終わりまでたどり着きました。来年いっぱいで終わると思いますが、聖イエス会で一番大切な書をていねいに学んでいます。今年も待降節は、ヨハネによる福音書の1章に戻って、ロゴスの受肉の神秘について改めて学び、待降節の味わいを深めたいと思います。
ヨハネによる福音書には、いわゆるクリスマスの物語はどこにも見当たりません。聖書の預言の言葉も、ベツレヘムも出てきませんし、マリアもヨセフも、羊飼いも博士も天使も登場しません。しかし、イエスの誕生の意味を考える時、ヨハネが伝えるメッセージはクリスマスの真実を私たちに教えます。ヨハネはクリスマスの出来事ではなく、霊的な意味を伝えるのです。

今週も大切なことを大切に。

続きを読む

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

世々とこしえ、あなたは神



天地創造の前からイエスに与えられていた栄光。それこそは、他ではないイエス自身が私たちに見せたいと望まれたものであり、またこの福音書を記す、イエスの愛しておられた弟子が見、伝えたかったものなのです。
ヨハネは、福音書の冒頭に、「私が書こうとしているのは、私が伝えたいのは、このお方だ」と言わんばかりに、何の迷いもためらいもなく、語り始めるのです。「初めに〔天地の初めに〕ことば〔キリスト〕がおられた。・・・ことばは神ご自身であられた」と。
ここでヨハネはキリストのことを「言」と呼んでいます。ギリシア語では「ロゴス」という言葉ですが、永遠の初めから、すでに存在しておられた神の子イエス・キリストを、彼はそう呼んだのです。ヨハネの手紙の書き出しも同様です。「初めからあったもの、わたしたちが聞いたもの、目で見たもの、よく見て、手で触れたもの・・・命の言」。
聖書は聖書で理解します。旧約聖書の箴言8章を開いてみましょう。ソロモン王が記した箴言には「知恵」という言葉がくり返し出てきますが、その多くはヨハネが強調する「神の言」と同じ意味です。8章は、箴言全体のハイライトで、知恵が擬人化され、「わたし」という一人称で語ります。22節以下に、天地創造の前からイエスに与えられていた栄光が詩的に美しく描かれています。

8:22 主は、その道の初めにわたしを造られた。
いにしえの御業になお、先立って。
8:23 永遠の昔、わたしは祝別されていた。
太初、大地に先立って。
8:24 わたしは生み出されていた
深淵も水のみなぎる源も、まだ存在しないとき。
8:25 山々の基も据えられてはおらず、丘もなかったが
わたしは生み出されていた。
8:26 大地も野も、地上の最初の塵も
まだ造られていなかった。
8:27 わたしはそこにいた
主が天をその位置に備え
深淵の面に輪を描いて境界とされたとき
8:28 主が上から雲に力をもたせ
深淵の源に勢いを与えられたとき
8:29 この原始の海に境界を定め
水が岸を越えないようにし
大地の基を定められたとき。
8:30 御もとにあって、わたしは巧みな者(口語訳では「名匠」)となり
日々、主を楽しませる者となって
絶えず主の御前で楽を奏し
8:31 主の造られたこの地上の人々と共に楽を奏し
人の子らと共に楽しむ。

知恵とは神の言であるイエス・キリストです。知恵は天地が創造される前から存在していました。さらに、知恵は、父なる神と一体であり、父なる神の傍らで名匠となり、天地創造の業に参加しておられたのです。これが天地創造の前からイエスに与えられていた栄光であり、今日もイエスが私たちに見せたいと願っておられる真の姿なのです。

また、「神の人モーセの詩」と表題の付いている詩編90編にはこう記されています。
90:1 【祈り。神の人モーセの詩。】
主よ、あなたは代々にわたしたちの宿るところ。
90:2 山々が生まれる前から
大地が、人の世が、生み出される前から
世々とこしえに、あなたは神。

いま、イエス・キリストを天地万物の創造者、全能の神として、ソロモンと共に、モーセと共に礼拝しましょう。
「山々が生まれる前から、世々とこしえに、あなたは神。」


明日から12月。次の日曜日から教会では待降節に入ります。
クリスマスは教会で。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

一枚の洗礼証明書



12月の『ぶどう樹』が届いています。表紙で使っているクリスマスの降誕セット(プレゼピオ)の写真は、毎年名古屋教会の玄関に飾られている人形です。 来週からアドベントに入りますが、ぜひ祈りを持って、『ぶどう樹』とクリスマスの案内を手渡し、どなたかを教会に誘っていただければ感謝です。
クリスマスと言えば、昨年のクリスマス、12月25日に天に召されたAさんの記念会が、土曜日の午後に蟹江で持たれました。昨年のクリスマスの行事が全部終わって、26日の朝、電話が入り、葬儀の依頼を受け、蟹江の葬儀場に出かけました。安らかに眠っているAさんを囲み、二人の若い子どもさんとお母さまと共に祈りの時を持ち、葬儀の打ち合わせをしました。
私にとっては面識のない方でしたが、亡くなる前日、Aさんが大切に取っていた「洗礼証明書」を娘さんが発見し、お母さんがこの教会に通っていたことがわかりました。もしこの一枚の洗礼証明書が見つかっていなければ、葬儀を依頼されることもなかったと思うと、主の導きを感じます。亡くなる前に、親子で「葬儀はどうしたらいいの?」という話しもしていたそうですが、「キリスト教式でしてほしい」との希望でした。
式の準備のため、何人かの方にAさんのことを尋ねたところ、ある年のクリスマスに、青年会で演じた「クリスマスキャロル」の主役を自ら買って出たことがあったという話しを伺いました。そこで前夜式では、クリスマスの賛美歌を歌い、ディケンズの「クリスマスキャロル」の話しをしました。自分の過去、現在、未来を旅するスクルージ。みすぼらしい墓石に自分の名前を見つけた彼は、「どうか墓石に刻まれている私の名前をスポンジで消すことができると言ってください!」とすすり泣きますが、やがて夢から覚めたスクルージはこう言います。「私は鳥の羽のように軽く、天使のように幸せだ!さあ、みんなとクリスマスを祝おう!」、スクルージは生まれ変わったのです。
Aさんの家では、クリスマスを特別な日としてお祝いしてきたそうです。この物語がAさんの心に生き続けていたのかも知れません。教会暦では次の日曜日から待降節(アドベント)です。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

美しい門で



私がまだ岐阜にいた頃、ボストン大学のL教授が杉原千畝さんの取材に来られました。名古屋で歓迎集会が持たれたのですが、L教授は創世記28章、ヤコブの物語から御言葉を引用され、「まことに主がこの場所におられたのに、わたしはそれを知らなかった」と感動のあいさつをされました。御言葉はこう続きます。「ここは、なんと畏れ多い場所だろう。これはまさしく神の家である。そうだ、これは天の門だ」と。きっと教授は、名古屋教会の講壇に立ち、ヤコブが見た天と地をつなぐ梯子を感じたのでしょう。
イエス・キリストこそ天と地をつなぐ梯子、天の門です。聖書の中に登場する有名な「門」と聞いて、使徒言行録の3章に出て来る「美しい門」と呼ばれたエルサレム神殿の門を思い出される方もあるかも知れません。ペンテコステの直後、聖霊に満たされたペトロとヨハネが生まれながら足の不自由な男を癒した奇跡の舞台です。
聖書にはこう書かれています。「ペトロとヨハネが、午後3時の祈りの時に神殿に上って行った。すると、生まれながら足の不自由な男が運ばれて来た。神殿の境内に入る人に施しを乞うため、毎日『美しい門』という神殿の門のそばに置いてもらっていたのである。」リビングバイブルでは、「もうすぐ宮だという所で、生まれつき足の不自由な男が運ばれて来るのに出会いました」と訳されていますが、門のそば、もうすぐ宮だという所に、彼はいたのです。
ヨハネ福音書の10章で、イエスは「わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。その人は、門を出入りして牧草を見つける」と語られましたが、門を出入りするとは、イスラエルの人々にとって、日々の暮らしを表し、生きるということを意味していました。朝、門から自分の家を出て、夕べに門を通って帰ることが、人生だと考えられていたのです。詩編121編に、「主はあなたの出ると入るとを守られる」と歌われているのも同じことです。
WHOは健康について、身体的にも、精神的にも、社会的にも完全で良好な状態にあることと提唱しますが、聖書的に、この完全で良好な状態とは、キリストという美しい門を出入りする人、神の現存の中に生きる人なのです。ですから、大切なことは毎日、イエス・キリストという美しい門を通って、神の神殿、神の現存の中に入ることです。あなたは今日、どこにいるのでしょうか。門のそばでしょうか。もうすぐ宮だという所でしょうか。今日、神殿の中に入って行きましょう。

今日は勤労感謝の日ですが、教会では健康感謝の日とも呼び、一年の恵みに感謝します。
心も体もキリストにあって健やかでありますように。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

望むらくは



イエスは祈られました。「父よ、わたしに与えてくださった人々を、わたしのいる所に、共におらせてください。」新共同訳聖書では訳されていないのですが、原文には「お願いします」という言葉があって、それがイエスのたっての願いであったことがわかります。文語訳聖書の「望むらくは」という訳は印象的です。イエスは強く望まれたのです。「(わたしを信じるすべての人たちを)わたしのいる所に、共におらせてください」と。
ヨハネの黙示録にはこう書かれています。3章21節、「勝利を得る者を、わたしは自分の座に共に座らせよう。わたしが勝利を得て、わたしの父と共にその玉座に着いたのと同じように。「勝利を得る者」については、ヨハネの手紙にはこう書かれています。「だれが世に打ち勝つのか。イエスが神の子であると信じる者ではありませんか」と。その人を私は自分の座に共に座らせようと言われるのです。それは信じられないような、嘘のような話しです。でも嘘ではありません。覚えていますか。十字架の上で、「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」と願った一人の犯罪人に向かって、イエスは言われました。「はっきり言っておく。あなたは今日わたしと一緒にパラダイスにいる」と。
イエスの祈りは続きます。「それは、天地創造の前からわたしを愛して、与えてくださったわたしの栄光を、彼らに見せるためです。」ここにおいて、イエスの祈りは頂点に達します。ロゴス(キリスト)が受肉する前の、永遠の神としてのあるがままの栄光を、至福直観において彼らに見せてください、それがイエスの望みであったのです。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

共に座っている

会堂のベンチ

アダムが失楽園した日から、神はずっとあなたが、あなたの帰るべき場所に帰って来ることを、そこにあなたが座っていることを願っておられます。それこそ、キリストにおいて完成する神の救いです。イエスは祈られました。「父よ、わたしに与えてくださった人々を、わたしのいる所に、共におらせてください。それは、天地創造の前からわたしを愛して、与えてくださったわたしの栄光を、彼らに見せるためです。」
共に座る幸いについて、ダビデがこう歌っています。詩編133編です。「見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。」これは「都に上る歌」ですから、久々に再会した兄弟たちと神殿を詣でる喜びが歌われていると思っていましたが、こんな文章を読んで印象が変わりました。

このダビデの詩は私の好きな詩のひとつで、読むたびごとに必ず心の中に、ある情景が浮かんでくるのです。それはこんな情景です。
一日の仕事を終え、夕食時を迎えた家族が食卓を囲んで共に座り、父親が食前の感謝の祈りと家族が一日を無事に送れたことのお礼を神さまに申し上げている・・・そこには主にある深い平安と静かな喜びがあふれているのです。
また、こんな情景も浮かんできます。教会の兄弟姉妹が礼拝堂に集い、共に座って心からの礼拝をささげている。皆が唯一の神さまを仰ぎ、一つの心で賛美し、感謝の祈り、あるいは赦しを求める悔い改めの祈りをささげている。そこには「御国を来たらせたまえ」と祈りながら地上を旅する神の民に与えられる深い神の恵みと、心の底から湧き出るような清らかな喜びが満ちている・・・。
わたしたちは聖日ごとに主にある兄弟姉妹と共に礼拝を守り続けられることの素晴らしさを素直に感謝したい。共に座って祈りをささげ、礼拝をささげられることを大切にしていきたいと思います。なぜなら、心ならずも共に座れない、座れなくなってしまった人たちが現実に多くいることを知っているからです。・・・・・・
この詩の作者ダビデは、自分の傲慢の罪のゆえにバテシバ事件を起こし、王位継承をめぐって愛する息子アブサロムを失います。イスラエルの王になったものの、幸せな家庭をつくれなかった人です。ですからこの詩の奥には、共に座れなくなった者たちが赦しあうことによって、再び共に座って祈り、礼拝をささげる者になってほしいとの切なる願いが秘められていることを、私は強く感じるのです。

今年も残り1ヶ月半、共に座れなくなった者たちが赦しあうことによって、再び共に座って祈り、礼拝をささげる者になれますように。「見よ、兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。」

18日の礼拝は、健康感謝礼拝です。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

家から、湯気が消えようとしている。



有名なコピーライターの岩崎俊一さんをご存知ですか。トヨタ自動車の初代プリウスの「21世紀に間に合った」とか、資生堂の「美しい50代がふえると日本は変わると思う」、ミツカンの「やがて、いのちに変わるもの」など、どれも岩崎さんの言葉です。岩崎さんのエッセイ集から一文紹介します。「家から、湯気が消えようとしている。」

幸福は、ごはんが炊かれる場所にある。
これは5年前、とあるお弁当屋さんのために書いたキャッチフレーズである。これをもし50年以上前に書いていたとしたら、果たしてこのコピーは成立するだろうか。
しない、と思う。
どの家もごはんを炊いていたからだ。どの家も夕暮れになると、主婦は食事の準備に立ち、手の空いた子は風呂焚きや駅前の魚屋へのお使いを言いつかり、いそいそと家路に急ぐ父親たちは窓から流れる夕餉の匂いに出迎えられた。みんながそんなふうに力を合わせ、一日の終わりに家族が集まるための準備に熱中したのである。
今とは違い、それはどこにでもある風景で、あまりにもあたり前過ぎて、それを殊更あたたかさとか幸福感に結びつけて考える人はいなかった。
しかし、いろいろな時代を体験してきた今ならわかるが、あれは心と物のバランスがとれたいい時代だった。平和で、つつましく、食べるものに困らず、ほしいものに振り回されず、人と人、家族とガッチリ絡み合い、助け合い、喧嘩し合い、ガチンコで向き合っていた贅沢な時代だった。・・・
しかし、どんなに懐かしがろうが恋しかろうが、二度とあの時代は戻って来ない。なぜなら、僕たちはあまりにもいろんなことを知り過ぎた。過剰な情報と、うんざりするくらい便利な道具を持ち過ぎた。目の前に、味わい深いがとても手間のかかるものと、味わいは薄いが超がつくほど便利なものを見せられたら、誰だって後者に手を伸ばすだろう。・・・

そうだったなあとうなずいている方もいるでしょう。確かにそんな時代がありました。岩崎さんは「二度とあの時代は戻って来ない」と言っていますが、それではちょっと寂しい感じがします。消してはならない湯気があるからです。ところで、「湯気の立つ家に帰ろう」とは、聖書の中心的なメッセージです。家とは、あなたの帰るべき場所、あなたの居るべき場所、神の家、教会です。
放蕩息子の譬えを覚えていますか。息子の帰りを喜ぶ父は僕に命じました。「食べて祝おう。この息子は死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったのだから。」そして、湯気の立つような神の家での祝宴が始まりました。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

対話



平成最後の年の最後の聖会を終えました。静かな礼拝堂には、昨日の余韻が残っています。
2回の集会とも福音書が開かれ、テキストの簡単な解説の後、御言葉がそのまま語られる聖会でした。
私は、私に語りかけられるイエス・キリストの言葉を聞いていました。
それはイエスとの対話でした。

ある新聞のコラムで、劇作家の平田オリザさんの言葉が紹介されていたのを思い出しました。
「ディベートは、話す前と後で考えが変わったほうが負け。
ダイアローグは、話す前と後で考えが変わっていなければ意味がない。」(平田オリザ)    
ディベート(討論)とダイアローグ(対話)の違いについて訊ねたとき、劇作家から即座に返ってきた答え。
対話は、共通の足場をもたない者のあいだで試みられる。
呼びかけと応えの愉しい交換であり、吐露と聴取の控えめな交換であり、
埋まらない溝を思い知らされたあとの沈黙の交換でもある。
討論よりおそらくはるかに難しい。

イエスは私たちと討論し、私たちを言い負かそうしているのではありません。
私たちと対話されるのです。この対話の前と後で、もし私たちが変わっていなければ、何の意味もありません。

わたしはその場所で、あなたたちと会い、あなたに語りかける。
この水を飲むものはだれでもまた渇く。
しかし、わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。
わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。

わたしは、キリストと呼ばれるメシアが来られることは知っています。
その方が来られるとき、わたしたちに一切のことを知らせてくださいます。

イエスは言われた。「それはあなたと話をしているこのわたしである。」


今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

独り善がり



パウロがくり返し教会の一致を叫ぶのは、教会に真実の一致がなかったからです。様々な理由があったと思いますが、その一つは独り善がりの信仰、礼拝でした。『ナルニア国ものがたり』の作者C.S.ルイスが、初めて礼拝に参加した時の体験を次のように語っています。「私は、彼らの歌っている賛美歌があまり好きになれませんでした。それは、ぱっとしない歌詞に、冴えない曲をつけたもののように思えました。けれども、時間が経つにつれて、私はその賛美歌の素晴らしい一面に気づき始めたのです。次第に、私のうぬぼれが砕かれていきました。ふと目をやると、向こう側の席にゴム長靴を履いた老人の姿が見えました。彼は、その賛美歌を心を込めて歌っていました。その姿を見たとき、私は自分が彼の長靴の汚れを拭き取る資格さえない者であることに、はっきりと気づかされたのです。共に礼拝を捧げるとき、私たちは独り善がりのプライドから救い出されるのです。」
主の言葉が心に迫ります。「二人または三人がわたしの名によって集まるところには、わたしもその中にいるのである。」ゼファニア書3章3節にはこう書かれています。「その後、わたしは諸国の民に清い唇を与える。彼らは皆、主の名を唱え、一つとなって主に仕える。」ここで使われている「一つとなって」という言葉は、ヘブライ語では「肩と肩をくっつけて」「肩を並べて」という意味があると教えていただいたことがあります。私たちも、独り善がりを捨てて、主の名を唱え、肩と肩をくっつけるように一つとなって主に仕え、主を礼拝しましょう。

11月になりました。いつもは第1日曜日は、新しい方のためのオープン礼拝ですが、今月は、秋の信徒聖会になっています。11月のオープン礼拝は第2日曜日です。ぜひお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

自分の存在意義と役割



十字架の前夜、イエスは、未来信じる者たちのためにも祈られました。それはイエスを信じるすべての者が一つになるための祈りでした。パウロが書いたエフェソの信徒への手紙によれば、一つになるということが次のように表現されています。1章10節、詳訳聖書で「すべてのものを、すなわち、天にあるものも地にあるものも、キリストにおいて一つにする〈キリストにおいて完成する〉ために、時が熟するのを〈世々の頂点を〉〔計画されたのです〕。」
「キリストにおいて一つにする」とは、もちろん教会の一致を願う祈りですが、究極的には「キリストにおいて完成する」との祈りだったのです。聖書全体がここにかかっているとするなら、アダムの罪によって、エデンの園を追放され、神と共にいることのできなくなった人類が、今やキリストの十字架によって、再び一つにされるという壮大な神の救いの計画が、キリストにおいて完成するという意味です。
パウロは、キリストと教会との関係を様々な比喩によって教えました。教会は、キリストの花嫁、神の家族、神の神殿です。そう教えるパウロが、更にこだわりを持って語るのが、教会はキリストを頭とするキリストの体というメッセージです。
パウロはその時代、小アジアやヨーロッパ各地に広がっていた教会に手紙を書き送りましたが、それは時代を越えて、今も私たちに届けられています。パウロから私たちの教会へのメッセージを聞いてください。
ローマの信徒への手紙12章5節、「私たちが話している体とは、選ばれた人々からなるキリストの体のことです。私たちはそれぞれ、自分の存在意義と役割を、キリストの体との関係の中で発見するのです。」
コリントの信徒への手紙一の12章にはキリストの体についての詳細が語られています。21節のメッセージバイブルの訳はユニークです。「目が手に向かって、『どこにでも行ってくれ。もうお前は必要ない』と言っている姿を想像できるでしょうか。あるいは、頭が足に向かって、『業務縮小につき、君を解雇する』と言うでしょうか。」
27節はリビングバイブルで、「私は次のことを言いたいのです。すなわち、あなたがたは共に、キリストという一つの体であり、一人一人がなくてはならない部分であるということです。
同じくコリントの信徒への手紙一の1章10節、「皆、勝手なことを言わず、仲たがいせず、心を一つにし思いを一つにして、固く結び合いなさい。」そして、1章の最後にはこうあります。「キリストは神に立てられて、わたしたちの知恵となり、義と聖とあがないとになられたのである。」キリストにおいて完成する!

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me