ふさわしい助け手



「別の弁護者」をギリシア語では「アロス・パラクレートス」と言います。「アロス」という言葉について、別は別でも同質のものというと意味があると説明をしましたが、「パラクレートス」という言葉について少し解説しておきたいと思います。この言葉は二つの言葉から出来ています。「パラ」は傍らに、側に、近くに(内側に)という意味です。「クレートス(カレオー)」とは呼ぶという意味から、もう少し積極的に訳せば呼び覚ますと言っても良いかも知れません。
ところで、みなさんは創世記でどのようにアダムとエバが造られたかを覚えているでしょうか。創世記の1章、2章にそのことが書かれています。1章の26節、「神は言われた。『我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。』」神は唯一なのに、「我々」とはどういうことでしょう。これは三位一体なる神の「内なる語らい」です。三位一体の神が、相談して、熟慮して、神にかたどって人を創造されたというのは驚きです。そして2章にはこう書かれています。まず18節、「主なる神は言われた。『人が独りでいるのは良くない。彼に合う助ける者(彼にふさわしい助け手)を造ろう。』」さらに21節、「主なる神はそこで、人を深い眠りに落とされた。人が眠り込むと、あばらの骨の一部を抜き取り、その跡を肉でふさがれた。そして、人から抜き取ったあばら骨で女を造り上げられた。」エバの誕生です。
聖書注解者マシュー・ヘンリーは次のように解説しています。「神様は、女を男の頭から造らず、男の足からも造らず、男のサイド(横)であるあばら骨から女を創造されました。よって女性は男性の上に立つわけでも、下に立つわけでもなく、男性の横に立つもの、平等な存在として造られた」と。
天地創造の業、一つ一つを「神はこれを見て、良しとされた」と書かれていますが、一つだけ「良くない」と言われたことがありました。それは人が独りでいることです。そこで彼にふさわしい助け手が与えられました。これは結婚の制度の起源ではありますが、この言葉を下敷きにして、ヨハネ福音書14章のイエスの言葉を理解するなら、助け主である聖霊の派遣の原型と言えるかも知れません。興味深いのは、ここで使われている「あばら骨」という言葉です。ヘブライ語では「ツェラア」と言いますが、その意味は「横、傍ら、側」ということで、ギリシア語の「パラ」と同じような意味になります。聖霊なる神は、あなたの側に呼ばれた、あなたにふさわしい助け手、あばら骨のように、あなたの鼓動を感じ、あなたの心が感じられるほどの近さで、あなたを助けてくださるお方なのです。「聖霊、来てください」と祈りましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

始末に困る者



明治150年と呼ばれる今年、NHKの大河ドラマは明治維新の立役者である西郷隆盛が主役の「西郷どん」です。ところで、大槻牧師が書かれた『言泉集』の中にも西郷さんの言葉が紹介されているのをご存知ですか。『西郷南州翁遺訓』という西郷さんの教えをまとめた本に出て来る言葉です。
「地位も名誉も財産もいらぬという者は、始末に困る者である。しかし、この始末に困る者でなくては、大事を共にすることはできない。」この言葉が『言泉集』の12巻と15巻に出てきますので、どんなメッセージの中で引用されているのか興味のある方は、ぜひ『言泉集』を読んでください。
ところで、「維新」とは、中国最古の詩、詩経の一節で、日本では水戸藩士、藤田東湖が藩の改革を断行するにあたり、この言葉を引用したと言われています。「周雖旧邦 其命維新(周は旧邦なりといえども、その命これ新たなり)」。「維新」と書いて、「これ新たなり」です。
イエス・キリストは宣教の初めに「神の国は近づいた」と語りましたが、今こそ、神の国の実現という神の大事のために、神は地位も名誉も財産もいらぬと言う始末に困る者を必要とされています。無私の愛(アハバット・ヒナム)を持って、本気で世界を変えようという愛の狂人が求められているのです。私たちは今、聖霊による愛の維新を必要としています。愛によって、これ新たなり。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

別は別でも



16節の短い1節の中にも三位一体を見ることができます。イエスは言われました。「わたしは父にお願いしよう。」ここで使われている「願う」という言葉は、祈るという言葉ですが、普通、祈ると言うとき、それは下位の者が上位の者に対して願う行為なので、ギリシア語では「アイテオウ」という動詞が使われます。しかし、ここでは「エロウタオウ」という動詞が使われます。これは同じ位にいる者が願うという意味です。日本語の聖書ではわかりませんが、父なる神と子なる神、イエス・キリストは同じ位にいるということが、イエスの言葉遣いから明らかにされています。
すると父なる神はイエスの願いに答えてくださいます。イエスの掟を守ることができるようになるために、「父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる」のです。「別の弁護者」、つまり聖霊なる神のことです。ギリシア語では「アロス・パラクレートス」と言います。この言葉はバラエティに富んだ言葉で、詳訳聖書では7つの訳で紹介されています。「父は・・・もうひとりの慰め主〈助言者、助け主、とりなす者、弁護者、激励者、援助者〉を与えられる」と。イエスの掟を守り、それを実行するために、このような助け手が私たちのもとに、私たちの内側に遣わされるという約束が与えられているとは、なんと有り難いことでしょうか。もう少しだけ言葉の説明をします。アロス・パラクレートスの「アロス」とは「別の」「もうひとりの」という意味ですが、別は別でも同質のもの、つまりイエスと寸分違わないお方という意味を持っています。子なる神と聖霊なる神は全く同じ。なぜなら、このお方はイエスと同じように、私たちを助け、慰め、励ましてくださるからです。いかがでしょうか。ここには「三位一体」とは書かれていませんが、明らかに三位一体の神が描かれているではありませんか。そこでもう一度お尋ねします。「神は唯一ですか?」アーメン。ここがスタートです。「父なる神は神ですか?」アーメン。「イエス・キリストは神ですか?」アーメン。「聖霊は神ですか?」アーメン。

今日から平昌で冬季オリンピックです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

三位一体



作家の井上ひさしさんのモットーは、「難しいことを易しく、易しいことを深く、深いことを面白く、面白いことを真面目に、真面目なことを愉快に、そして愉快なことはあくまでも愉快に」ということだったそうですが、毎週の礼拝で聖書の言葉を語る者として、私もそのようでありたいと思っています。
今年も礼拝ではヨハネによる福音書のシリーズを続けますが、14章を学び始めています。14章から17章までは、「御心の至聖所」と呼ばれ、聖書中、最も深遠な内容になります。特に、今週の箇所から聖霊の派遣と言うことがくり返し語られるようになります。これまでは、父なる神と子なる神、イエス・キリストとの関係性が強調されてましたが、そこに聖霊なる神が加わり、いわゆる「三位一体」というキリスト教の神学的テーマがここからくり広げられます。
15節から、間もなくイエスが弟子たちの前からいなくなることを前提に、イエスへの愛を示す方法として、イエスの教えられた掟を守るということがまず語られます。その掟とは、ヨハネの手紙一3章23節によれば、「神の子イエス・キリストの名を信じ、この方がわたしたちに命じられたように、互いに愛し合うことです。」ここで問題になるのは、果たしてその掟を守ることができるかどうかです。
そこでイエスは語られました。「わたしにお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。この方は、真理の霊である」と。イエスの掟を守ることができるようになるために、イエスが父なる神に願い、私たちのもとに遣わされて来る別の助け主について、ここからイエスが語り始めます。これで父と子と聖霊、三位一体の神がそろいました。
ある教会では、聖書の中に「三位一体」という言葉は出て来ないので、それを認められないと言います。確かに、聖書の中に三位一体という用語は出て来ませんが、この箇所にも見られるようにその概念はあります。そもそも三位一体という言葉は、教会史の中で、異端の教えと戦う過程で生まれてきた造語です。しかし、その言葉が聖書にないからと言って、そのコンセプトがない訳ではありません。逆を言えば「三位一体」という用語を信じるかどうかは重要ではありません。その神を信じることがもっと重要だからです。三位一体の神を信じているかどうか、簡単にテストができます。信じる人はアーメンと答えてください。「神は唯一ですか?」アーメン。「父なる神は神ですか?」アーメン。「イエス・キリストは神ですか?」アーメン。「聖霊は神ですか?」アーメン。たとえ三位一体という言葉がわからなくても、これで三位一体の神を信じていることになります。これが重要です。このことを踏まえて、これから三位一体の神について学びを深めることにしましょう。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

「はい」



「ヤーウェ・イルエ(主は備えてくださる)」とは、直訳すると「主が見ておられる」という意味です。モリヤの山での出来事の場合、主がすでに身代わりとなる犠牲の小羊を見ておられたということです。私たちには予想がつかない問題に対しても、神はいつも先を見ておられます。今、自分には見えないことも、わからないことも、神は見ておられる、知っておられる、だから大丈夫というのが、「主の山に備えあり」という信仰です。
しかし、備えてくださる神に対して私たちの現実は、先がよく見えていないので、今の出来事について理由を求め、主の訓練を避けようとすることです。「なぜですか」とか、「前はこうだったのに」とか、「今でなくても」とか言って、なかなか「はい」と言えません。もちろん、試練や困難はできるだけ避けたいです。しかし、御言葉は言います。「わが子よ、主の鍛錬を軽んじてはいけない。主から懲らしめを受けても、力を落としてはいけない。なぜなら、主は愛する者を鍛え、子として受け入れた者を皆、鞭打たれるからである。」神は「御自分の神聖にあずからせる目的でわたしたちを鍛えられるのです。」「だから、萎えた手と弱くなったひざをまっすぐにしなさい」(ヘブライ12:5-6、10、12)と。
大切なことは、「はい」と答えられることです。アブラハムはどうだったでしょう。

神が、「アブラハムよ」と呼びかけ、彼が、「はい」と答えると・・・
天からの主の御使いが、「アブラハム、アブラハム」と呼びかけた。彼が、「はい」と答えると・・・

アブラハムの「はい」という返事の声が響きます。イサクとの会話の中でも「ここにいる」という返事の言葉が使われますが、原文ではどれも「ヒネニー」です。直訳すれば「御前に」とか「ここにいます」という意味です。主の言葉に、また主からの鍛錬に、逃げも隠れもせず、即刻返事を返すアブラハムの信仰の姿勢がよく表されています。
ここにも純化されたアブラハムの信仰を見ることができます。私たちも今日から、御言葉の前に襟を正し、いつでも「はい」と答える習慣を身につけましょう。御言葉に、委ね、同意し、服従する。そこにこそ爆発的な祝福が備えられているからです。主の山に備えあり。

2月に入りました。次の日曜日は、2月のオープン礼拝です。ぜひお出かけください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

純化された信仰



天に立ち上る煙を眺めながら、イサクがアブラハムに、
「アバ、本当にアバの言う通りでした。主がいけにえを備えてくださいました」
と語りかけた。
アブラハムは高らかに笑いながら、
「そうよ。この山はこれから、『ヤハウェ・エレ』と呼ばれる。主の山には必ず備えがあるという意味だ。
そのことを子孫たちに、そして全世界に伝えるのだ」
と叫んだ。
すでに日が暮れかかっていた。
全焼のいけにえがすべて灰になった時、再び主の使いの声があった。
思い返せば、カナンの地に入ってから60年である。アブラハムを精錬する行程はすべて終わった。
・・・・・・
---「日本人に贈る聖書ものがたり」

「アブラハムを精錬する工程はすべて終わった。」
マラキ書3章3節にはこう記されています。「(キリストは)銀を精錬する人のように、腰をすえて、不純物が燃え尽きてしまうまで、じっと見守っている。 きよい心で仕えることができるように、神に仕えるレビの子孫をきよめ、精錬された金や銀のように純粋にする。」LB訳
「腰をすえて」、座してとは、神の熱心と忍耐を表しています。金や銀を吹き分ける精錬作業は、たいへん根気のいる作業ですが、主はあきらめないで、熱心に清めの業をなし続けてくださるのです。もっと清い信仰に、純化された信仰に、純金になるように。ある人が、銀細工師にこう尋ねました。「純銀が出来上がったかどうかをどうやって知るのですか。」彼は答えました。「そこに私が映った時です。」主は言われます。「われ聖なれば、なんじらも聖なるべし」と。
今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

アブラムはひれ伏した



私たちの神は「全能の神」です。ヘブライ語では「エルシャダイ(El Shaddai)」、エルは神、シャダイは多くの場合、全能と訳されますが、別の意味もあります。それは女性の乳房のことで、神の恵みの豊かさを表します。満ち満ちた存在、すべての必要を満たすことのできる存在、満ち足らせて、なお有り余る存在、尽きることのない存在。十全なる神、それがエルャダイです。パウロの説明によればこうです。エフェソの信徒への手紙の3章、「今このかたに、すなわち、私たちのうちに働いているみ力〔の活動〕によって〈その結果として〉、私たちが求める、あるいは考えること〔のできる〕すべてをはるかに越えて〈それ以上に〉《私たちの最高度の祈り、願い、思い、望み、あるいは夢を無限に越えて》〔ご自身のご計画を実現し、そして〕十分以上になすことのおできになるかたであるこの〔神〕に、栄光が、教会によって、また、キリスト・イエスによって、世々にわたって、いついつまでもありますように。アーメン。」これがアブラハムの前に現れたエルシャダイです。
エルシャダイ、この言葉は、旧約聖書に48回出て来ますが、最も多く出て来るのがヨブ記で21回です。理解できない苦しみの中でもがく義人ヨブの苦悩と独白の書。そのヨブ記の中に、くり返し使われる「全能者」との言葉は、最後に彼を真の礼拝者にします。ヨブ記の最後の章には、全能者の前にひれ伏すヨブの姿が描かれています。
ヨブは主に答えて言った。「あなたは全能であり、御旨の成就を妨げることはできないと悟りました。・・・あなたのことを、耳にしておりました。しかし今、この目であなたを仰ぎます。それゆえ、わたしは塵と灰の上に伏し、自分を退け、悔い改めます。」
ヨブ記同様、創世記17章には、全能の神の前に頭を垂れる信仰の父の姿が簡潔に描かれています。「アブラムはひれ伏した(Abram fell facedown)」と。十分以上になすことのおできになる全能の神の前に、私たちがなし得ること、それは礼拝です。もし「わたしに従って歩み、全き者になりなさい」というのが、完全な状態だけを言っているのなら、私たちにはお手上げです。しかし、不完全な私たちにも地にひれ伏すことはできるはずです。これが笑えないような状況を一変していく、アブラハムと神との出会いなのです。

昨日も今日も、朝起きるとうっすら雪が降り積もっていました。
寒い日が続いていますが、元気でお過ごしください。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

彼は笑う



正月3日の中日春秋に、犬笑うと言われる戌年の話題から、笑いについて書かれていました。笑いにはストレス軽減や免疫力向上という効用があることは広く知られていますが、作家の井上ひさしさんの言葉が紹介されていました。「人はもともと悲しみを持って生まれ落ちる。でもその内側に笑いは備わっていない。だから自分の手で作り出し、分け合い、持ち合うしかありません。」だから努めて笑いを作り出そうと言う話しです。
ところで、今月は創世記からアブラハムの物語を学んでいますが、18章には、ついに約束のひとり子イサクが誕生が予告される場面です。実際は21章でイサクが誕生するのですが、アブラハムの妻サラは、イサクの誕生の予告を聞いて、笑います。自分たちの年齢を考えれば、望み得ないことだったからです。しかし、約束どおり、1年後イサクが誕生します。イサクとは「彼は笑う」という意味です。今年、自分で努めて笑いをつくるのもいいですが、神様が私たちを笑わせてくださるような一年にしていただきたいものです。サラはこう言いました。「神はわたしに笑いをお与えになった。聞く者は皆、わたしと笑いを共にしてくれるでしょう。」
そんな笑うことのできない状況を変えてくださったのが、17章でアブラハムの前に現れた全能の神です。アブラハム99歳の時のことです。ハランの地で神の声を聞き、行く先も知らずに旅に出たのが75歳の時、約束の地カナンに移り住んで10年経過し、女奴隷ハガルをによってイシュマエルが誕生した時には86歳になっていました。それからイシュマエルが成人するまでの13年間、神は沈黙されました。人生において、神を見失い、見出せなくなることが実際にありますが、13年は余りにも長いと思います。未だ神の約束は一つとして実現されていません。普通なら、この間に、アブラハムの物語が終わっても仕方がありません。それでもアブラハムの物語が続くということは、彼が神の約束を待ち続けていたということではないでしょうか。彼が待って待って、待ちくたびれるほど待った果てに、ついに17章で、神が13年の沈黙を破って、再び語り始められたのです。
「アブラムが99歳になったとき、主はアブラムに現れて言われた。『わたしは全能の神である。あなたはわたしに従って歩み、全き者となりなさい。』」

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

秘められた計画



新年聖会で「秘められた計画」という言葉について教えていただきました。

「秘められた計画」と訳された言葉は、ギリシャ語のミュステーリオンという言葉です。新約聖書では27回用いられていますが、口語訳では「奥義」とも訳されている言葉です。「秘められた計画」とは、そもそも何でしょうか。それは、「人間の理解をはるかに越えた神の神秘に属するものであり、神の啓示によってのみ理解可能となる事柄」という意味です。パウロはこの「秘められた計画、奥義」が何であるかを、エフェソの信徒への手紙3章に次のように記しています。「それは、福音により、キリストイエスにあって、異邦人も共同の相続人になり、ともに同じ体に連なって、ともに約束にあずかる者となるということです。」・・・
F.B.マイヤーはこう言っています。「キリストがアブラハムの子の心の中に住まわれるという事は、驚くべき謙遜の行為と思われるが、主が異邦人の心の中に住まわれるということは、信じられないほど驚くべきことである。」
ああ、なんと偉大な奥義、なんと驚くべき計画を、主は異邦人である私たちに知らせて下さったことでしょうか。

この神の秘められた計画、栄光の希望こそ、内におられるキリストなのです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

荒野の時間



恵みにあふれた新年聖会を感謝します。

基調メッセージの中で、パウロが復活のキリストとの出会いの後、アラビアに退いたことが語られました。使徒言行録では、すぐに彼の福音宣教の働きがフル回転で始まったかのように記されていますが、実際はそうではありませんでした。パウロは3年、アラビアの荒野に退きます。遊牧民が住んでいるだけで、街はありません。人が全くいないところです。アラビアの荒野というのは、エジプトを出発した民が紅海を渡って、その東側に広大に広がっている荒野と砂漠です。
パウロだけではありません。神に用いられた器には、それぞれ荒野の時代があります。モーセは、同じアラビアの荒野で40年待ちました。ヨセフは、エジプトの宰相として活躍する前、2年間監獄で生活をしています。ダビデは、二代目の王として油注がれても、一代目の王サウルのもとを逃れて、何年も荒野を逃げ回り、孤独なよりどころのない放浪の生活を強いられ、人には頼れないことを学びます。預言者エリヤは、活動を初めてすぐ、ケリテ川のほとりに身を隠す生活を余儀なくされ、カラスに養われ、孤独に生きます。
栄光の希望であるお方をさらに深く知るために、私たちにも荒野の時間が必要です。元旦のメッセージでも語りましたが、もっと耳を澄ませて神の声を聴く時間を大切にしたいと思います。私たちは、さまざまな音に囲まれていますが、あえて、テレビもラジオも音楽プレイヤーもスイッチを切って、スマホも置いて、神の言葉に耳を傾けるように努力しなければなりません。さあ、荒野の時間へ。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me