したとおり、するように



私の母教会である高松教会のメンバーで、聖イエス会の初期の時代からの信徒であられたT先生は、すでに故人ですが、開業医で内科のお医者さまでした。先生の病院を通して、多くの方が信仰に導かれました。私の家族もそうです。T先生は私の憧れのクリスチャンです。熱烈なタイプではなく、穏やかな誰からも慕われるような存在でした。ある年の受難週のことでした。聖餐式の前に、洗足式をすることになり、牧師も含め、信徒一同が互いに足を洗い合いましたが、T先生は、背広の上着を脱ぎ、タオルを腰に巻いて、前に座っている人の足を洗われたのです。たまたまその場に居合わせたのですが、今もその姿を忘れることができません。
イエスは弟子たちの足を洗った後、上着を着て、再び席について、「わたしがしたことが分かるか」と語り始められました。ペトロの足を洗うか、洗わないかというやり取りの中で、「わたしのしていることは、今あなたには分かるまいが、後で、分かるようになる」と言われていた「後で」というのが、キリストの十字架と復活を意味しているとするなら、ここで「わたしがしていることが分かるか」と尋ねられるのは、どこか矛盾していることになります。ですから、13節以下の、イエスご自身が、どうして弟子たちの足を洗ったのかということを説明している内容については、後の時代に書き足されたのではないかという考えがあります。そうかもしれません。しかし、後で分かる意味と、今すぐ分かる意味があったとしても、おかしくはありません。
イエスは言われました。「あなたがたは、わたしを『先生』とか『主』とか呼ぶ。そのように言うのは正しい。わたしはそうである。ところで、主であり、師であるわたしがあなたがたの足を洗ったのだから、あなたがたも互いに足を洗い合わなければならない。わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするようにと、模範を示したのである。」
「互いに足を洗い合う」と言うことについては、この後、34節を見ると、「新しい掟を与える」と前置きがあり、「互いに愛し合いなさい」という言葉に言い換えられています。ですから、洗足とは、愛と謙遜の模範であって、私たちはそうするようにと召されているということです。しかも、「したこと」ではなく、「したとおりに」、つまり外側だけ真似るのではなく、内側から真似ることが求められているのです。
あの夜、誰よりも洗足の意義を学んだであろうペトロはこう勧めています。「愛する人たち、あなたがたに勧めます。・・・神の僕として行動しなさい。・・・あなたがたが召されたのはこのためです。というのは、キリストもあなたがたのために苦しみを受け、その足跡に続くようにと、模範を残されたからです。『この方は、罪を犯したことがなく、その口には偽りがなかった。』ののしられてもののしり返さず、苦しめられても人を脅さず、正しくお裁きになる方にお任せになりました。そして、十字架にかかって、自らその身に私たちの罪を担ってくださいました。私たちが、罪に対して死んで、義によって生きるようになるためです。そのお受けになった傷によって、あなたがたはいやされました。」

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

イミタチオ・クリスティ

礼拝メッセージ 「イミタチオ・クリスティ」
聖書 ヨハネによる福音書13の12〜20
ヨハネによる福音書シリーズ(100)

13:12 さて、イエスは、弟子たちの足を洗ってしまうと、上着を着て、再び席に着いて言われた。「わたしがあなたがたにしたことが分かるか。
13:13 あなたがたは、わたしを『先生』とか『主』とか呼ぶ。そのように言うのは正しい。わたしはそうである。
13:14 ところで、主であり、師であるわたしがあなたがたの足を洗ったのだから、あなたがたも互いに足を洗い合わなければならない。
13:15 わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするようにと、模範を示したのである。
13:16 はっきり言っておく。僕は主人にまさらず、遣わされた者は遣わした者にまさりはしない。
13:17 このことが分かり、そのとおりに実行するなら、幸いである。
13:18 わたしは、あなたがた皆について、こう言っているのではない。わたしは、どのような人々を選び出したか分かっている。しかし、『わたしのパンを食べている者が、わたしに逆らった』という聖書の言葉は実現しなければならない。
13:19 事の起こる前に、今、言っておく。事が起こったとき、『わたしはある』ということを、あなたがたが信じるようになるためである。
13:20 はっきり言っておく。わたしの遣わす者を受け入れる人は、わたしを受け入れ、わたしを受け入れる人は、わたしをお遣わしになった方を受け入れるのである。」

ヨハネ福音書のシリーズも100回目。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

諸人登山



私たちの神は、遠くて近い神です。イザヤ書にこう書かれています。「57:15 わたしは高く聖なるところに住み、また心砕けて、へりくだる者と共に住む。」「高く」、英語の「High」は、地上から「遠く」という使い方もします。一方で、「共に」という言葉を、ある英語の聖書では「Nigh」「近く」と訳していました。私たちの神は、「遠く」聖なる所にいます神であると同時に、心砕けて、へりくだる者の「近く」におられる神なのです。エフェソ2章17節にはこう記されています、「キリストはおいでになり、遠く離れているあなたがたにも、また、近くにいる人々にも、平和の福音を告げ知らされました」と。
海外でも有名な葛飾北斎の「富嶽三十六景」。富嶽とは富士山の別名で、どれも美しい36景ですが、実は裏富士と呼ばれる十景を含め全46作あることが知られています。江戸時代の風景画浮世絵師であった北斎は、ゴッホなど西洋の画家にも影響を与え、リヴィエールは本作に触発され「エッフェル塔三十六景」を描いたほどです。最も有名な「神奈川沖浪裏」は、相模湾の高波の裏に見る富士山を描いたものです。
富嶽三十六景は、どの絵にも富士山が描かれているのですが、どこを探しても富士山が見あたらない絵が一つあります。「諸人登山」という一枚です。富士を遠くに探しても見つからないのは、これが富士登山の絵だからです。この岩だらけの地面こそが富士山なのです。富士山が、あまりにも大きく、そして近くてその存在に気づけないのです。
私たちの信仰もよく似ているのではないでしょうか。神があまりに大きく、近すぎて見えないのです。試練の高波の向うに神を見ることも大切ですが、自らの足もとに神を発見し、その神と共に、高い山に上る人は何と幸いでしょう。「いかに美しいことか。山々を行き巡り、良い知らせを伝える者の足は。」
今日、私たちの足もとに、富士山よりも大いなる神の山、イエス・キリストがおられます。「わたしは遠く聖なるところに住み、また心砕けて、へりくだる者の近くに住む。」「もしわたしがあなたの足を洗わないなら、あなたはわたしと何のかかわりもないことになる。」だから今、私たちの足を洗っていただきましょう。まだ全部が分からなくても、素直な心になり、洗っていただきましょう。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

ただ信じなさい

今週も祈祷会を大切に。御言葉をシェアします。
マルコによる福音書の5章から。

5:35 会堂長の家から人々が来て言った。
「お嬢さんは亡くなりました。もう、先生を煩わすには及ばないでしょう。」
5:36 イエスはその話をそばで聞いて、
「恐れることはない。ただ信じなさい」と会堂長に言われた。・・・
5:41 そして、子供の手を取って、「タリタ、クム」と言われた。
これは、「少女よ、わたしはあなたに言う。起きなさい」という意味である。
5:42 少女はすぐに起き上がって、歩きだした。

Newsweek誌によると、「いま世界で話される言葉は、7000言語と言われる。そのうち4分の1が絶滅の危機にあり、3500の言語は使い手の数が1万人以下に減っている。そして現存する7000言語のうち半分が今世紀中に絶滅すると、多くの言語学者が指摘している。また100年以内に90%が消えるという説もある。日本のアイヌ語や、チリのヤガン語など世界で100ほどの言語は、現状で少数の使い手しか残っておらず、危機的状況にあると言われている。」「過去100年で400の言語が消滅した。これは3カ月に1つの割合だ。」最近では「2週間に1つほどの割合で言葉が消滅している」とも報じられていた。
神の言葉は大丈夫だろうか、と思った。神の言葉が、死語とならないために、教会とクリスチャンが、聖書に聴き、神の言葉に従い、神の言葉を用い、神の言葉に生きなければならない。ヤイロはイエスと共に、わが家に向かって歩きながら、心の中で叫び続けた。「ただ信ぜよ。」

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

全身清いのだ



ペトロが「手も頭も」と言ったことに対する、イエスの答えです。「既に体を洗った者は、全身清いのだから、足だけ洗えばよい。あなたがたは清いのだ・・・。」一見自然な文脈に思えますが、実は「足だけ洗えば」という一句が、新約聖書の重要な写本には抜けていて、初代の教父たちも、この言葉について何の言及もしていないことから、原本にはなかったのではないかとも言われています。実際、キリストの洗足は、罪の全き清めの象徴であって、後日、何かを付け足さなければならないようなものではないはずです。
エフェソの信徒への手紙には、何と記されていたでしょう。5章26節以下、「キリストがそうなさったのは、言葉の伴う水の洗いによって、教会を清めて聖なるものとし、 ・・・栄光に輝く教会を御自分の前に立たせるためでした。」また、ヘブライ人への手紙10章10節にはこう記されています。「この御心に基づいて、ただ一度イエス・キリストの体が献げられたことにより、私たちは聖なる者とされたのです。」一度だけで十分でした。足りないものは何もなかったのです。
ところが、相当古い写本から、「足だけ洗えば」という一句が挿入されるようになります。沐浴後は足だけ洗うのが当時の習慣であったということもあるようですが、霊的なことを言えば、救われた後に犯す罪の問題が、この一句を必要としたようです。当時の指導者たちは、聖霊を受けた後に犯す罪を、「足の裏につく塵」と呼んでいます。ですから、私たちの弱さのゆえに、罪をくり返すことはありますが、だからと言って罪の原因、原罪を清めるキリストの全き救いそのものが不完全ということにはならないのです。「一度だけ(Once and for all)」とは、けりを付けるという意味です。 一度だけで十分でした。「既に体を洗った者は、全身清いのだ。あなたがたは清いのだ。」
ヨハネはこれらのことを踏まえて、晩年、彼の手紙の中で次のように勧めました。「自分の罪を公に言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、罪を赦し、あらゆる不義からわたしたちを清めてくださります」と。ヨハネの手紙一1章9節、この聖書箇所の覚え方は「119」です。キリストの救いは完全無欠です。でも日々足の裏につく塵は「119」まで。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

遠くて近い神

礼拝メッセージ 「遠くて近い神」
聖書 ヨハネによる福音書13の6〜11ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(99)

13:6 シモン・ペトロのところに来ると、ペトロは、「主よ、あなたがわたしの足を洗ってくださるのですか」と言った。
13:7 イエスは答えて、「わたしのしていることは、今あなたには分かるまいが、後で、分かるようになる」と言われた。
13:8 ペトロが、「わたしの足など、決して洗わないでください」と言うと、イエスは、「もしわたしがあなたを洗わないなら、あなたはわたしと何のかかわりもないことになる」と答えられた。
13:9 そこでシモン・ペトロが言った。「主よ、足だけでなく、手も頭も。」
13:10 イエスは言われた。「既に体を洗った者は、全身清いのだから、足だけ洗えばよい。あなたがたは清いのだが、皆が清いわけではない。」
13:11 イエスは、御自分を裏切ろうとしている者がだれであるかを知っておられた。それで、「皆が清いわけではない」と言われたのである。

今日は帰省されてた方と帰省してこられた方が入れ替わって、普段と顔ぶれのちがう礼拝でした。
今週も礼拝の恵みに感謝。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

神の身分と僕の身分



イエス・キリストこそ、すべての支配者、王の王です。しかし同時に、手ぬぐいを腰に巻き、弟子たちの足を洗われた僕です。ヨハネによれば、イエスは「御自分の時が来たことを悟り、・・・父(なる神)がすべてを御自分の手にゆだねられたこと、また、御自分が神のもとから来て、神のもとに帰ろうとしていることを悟り」、この洗足という、本来奴隷のなすべき仕事をなされました。そこには何と大きなギャップがあることでしょうか。このギャップこそ、キリストの特徴です。
フィリピの信徒への手紙にはこう記されています。「キリストは、神の身分でありながら、・・・僕の身分になり・・・」。
詳訳聖書は味わい深いです。「2:6 〔キリストは〕、神と本質的に一つ〔神が神であられるための属性をすべて保有しておられる〕〈神のかたち〉であられますが、神と等しいというこの事を固守しておきたい〈保留しなければならない〉とはお思いにならないで、2:7 かえってご自分をむなしくして〔そのすべての特権と正当な威厳を脱ぎ捨てて〕しもべ〈奴隷〉の姿をとられ、人間のさまになられました〈人間としてお生まれになりました〉。2:8 彼は、人間の姿でお現れになったのち、〔さらになお〕ご自身を低くして〈へりくだって〉、死に至るまで、しかも〔あの〕十字架の死に至るまで、その服従を貫かれました。」
最後の言葉は、ヨハネ福音書13章1節にも通じます。「イエスは、世にいる弟子たちを愛して、この上なく(とことん、最後まで)愛し抜かれた。」これが神のなされたことです。神は、そこまでしても、あなたの足を洗い、あなたとかかわりを持ちたかったのです。
この場面での、ペトロの発言や態度は、彼の性格をよく表しています。彼の席が13番目だったとしたら、足を洗ってもらったのも最後だったでしょう。どれくらい待たされたでしょうか。ようやく自分の番が回ってきたとき、彼はずっと我慢していた思いをいっきに吐き出しました。彼は、どうしてあなたが私の足を洗うのかと抵抗したり、私の足は洗わないでいいと拒絶したり、洗わないと関係がなくなると言われると、手も頭も洗ってほしいと要求したり、とにかく極端です。しかし、9節を最後に、彼が何も言わなくなるのは、彼がここで未だ見ぬ我と出会ったからではないでしょうか。
そんな彼がしなければならなかったことは、「わたしのしていることは、今あなたには分かるまいが、後で分かるようになる。だから今は何も言わないで、あなたの足を洗わせなさい」と言われるイエスの前に、汚れたままの足を素直に差し出すことだけでした。

「The Servant(しもべ)」という題が付けられている絵があります。この人はビジネスマンでしょうか。立派な革の椅子に座っています。彼は頭を抱えていますが、取引に失敗したのでしょうか。それとも家庭に問題があるのでしょうか。きっと誰の人生にも、こんな風に頭を抱えこんでしまうようなことがあるのだと思います。しかし、その時こそ、私たちの足もとにイエス・キリストがいてくださるのです。この方こそ、未見の我ならぬ、未見の神です。世界の王の王である方が僕の手ぬぐいを腰に巻き、あなたの足を洗うために、ひざまずいておられます。

今日は「山の日」、名前が好きです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

少女よ、起きなさい

今週も祈祷会を大切に。
御言葉をシェアします。マルコによる福音書の5章から。

5:36 イエスはその話をそばで聞いて、「恐れることはない。ただ信じなさい」と会堂長に言われた。

今週は、日曜の礼拝後から始まったサマースクールの報告集会でした。
サマースクールの恵みを感謝します。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

未見の我



渡辺和子先生の「面倒だから、しよう」に、相田みつをさんの詩が紹介されていました。

トマトがね、トマトのままでいれば、ほんものなんだよ、
トマトをメロンに見せようとするから、偽物になるんだよ。
みんなそれぞれにほんものなのに、骨を折って偽物になりたがる。

渡辺和子先生の文章です。
若い人はよく“自分探し”という言葉を使いますが、自分というものは、押し入れを開ければ見つかるようなものではありません。自分探しとは、私は一体どういう人間なのだろうと言うことを絶えず模索することです。失敗をしたら、その失敗をしっかりと受けとめ、成功をしたら、私にもこんないいところがあるのかと今まで気付かなかった自分に気付くこと。・・・

未見の我という言葉があります。私たちは、自分自身を全部知っているわけではありません。いろいろな人との出会いやさまざまな経験を通じて「未だ見ざる我」に気付きながら、パーソナリティを自分らしく作っていくことが、大事なのです。

先生らしい文章に心が和みます。
私たちも聖書が教えてくれる「未見の我」、ほんとうの自分と出会えますように。

昨日は礼拝後に、福井県の高浜に移動、子どもたちのミニキャンプを持ちました。
台風の予報もあったので、到着後、すぐに海水浴へ。楽しい時間を過ごすことができました。
今日は朝からあいにくの雨模様でしたが、大槻筆子先生の足跡を辿り、早めに名古屋に戻って来ました。
高浜に導いてくださった主に感謝。

今週も大切なことを大切に。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

洗足と未見の我

礼拝メッセージ 「洗足と未見の我」
聖書 ヨハネによる福音書13の3〜11ほか
ヨハネによる福音書シリーズ(98)

13:3 イエスは、父がすべてを御自分の手にゆだねられたこと、また、御自分が神のもとから来て、神のもとに帰ろうとしていることを悟り、
13:4 食事の席から立ち上がって上着を脱ぎ、手ぬぐいを取って腰にまとわれた。
13:5 それから、たらいに水をくんで弟子たちの足を洗い、腰にまとった手ぬぐいでふき始められた。
13:6 シモン・ペトロのところに来ると、ペトロは、「主よ、あなたがわたしの足を洗ってくださるのですか」と言った。
13:7 イエスは答えて、「わたしのしていることは、今あなたには分かるまいが、後で、分かるようになる」と言われた。
13:8 ペトロが、「わたしの足など、決して洗わないでください」と言うと、イエスは、「もしわたしがあなたを洗わないなら、あなたはわたしと何のかかわりもないことになる」と答えられた。
13:9 そこでシモン・ペトロが言った。「主よ、足だけでなく、手も頭も。」
13:10 イエスは言われた。「既に体を洗った者は、全身清いのだから、足だけ洗えばよい。あなたがたは清いのだが、皆が清いわけではない。」
13:11 イエスは、御自分を裏切ろうとしている者がだれであるかを知っておられた。それで、「皆が清いわけではない」と言われたのである。

今週も礼拝の恵みに感謝。
礼拝後、福井県の高浜町にある教会へ。小さなサマースクールです。

comments(0)  |  trackbacks(0)

edit  top

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
Join me on Facebook Follow me on Twitter Subscribe to RSS Email me